『#リモラブ』第9話のあらすじは? ラブラブな美々(波瑠)と青林(松下洸平)に異変が!? 波乱含みなそれぞれの恋

#ドラマに恋して

※画像は『#リモラブ~普通の恋は邪道』公式instagram(@remolove_ntv)より

 

波瑠さん主演によるコロナ禍での恋愛を描くラブコメディ『#リモラブ』(日本テレビ系、毎週水曜よる10時)。その第9話が12月16日に放送されました。

 

『#リモラブ~普通の恋は邪道~』ってどんなドラマ?

『#リモラブ~普通の恋は邪道~』は水橋文美江さん脚本によるラブコメディー。「コロナのある世界観を描いた」ドラマとして注目を集めています。

 

主人公は「鐘木パルプコーポレーション」で働く産業医・大桜美々(波瑠さん)。新型ウイルスの驚異の中で対応に追われる彼女は、厳しい管理体制と態度から健康管理室の独裁者と言われています。しかも男性を食べ物に例え見下す癖もあり、恋愛はおざなりに……。

それでもひとりの時間をそれなりに楽しんでいましたが、SNSで『檸檬』というアカウント名の顔も名前もわからない人物に恋! その人物とはなんと、同じ会社の人事部・青林風一(松下洸平さん)だった!? 果たして美々の恋はいかに……。

美々と一緒に働く新人看護師・八木原大輝を髙橋優斗さん(HiHi Jets/ジャニーズJr.)のほか、人事部社員の朝鳴肇を及川光博さん、五文字順太郎を間宮祥太郎さん、営業部の社員の岬恒雄を渡辺大さん。女性陣では、青林の元彼女の我孫子沙織を川栄李奈さん、パルプコーポレーションの嘱託医で精神科医の富近ゆりを江口のりこさんが演じます。

ラブラブ度が増している青林と美々ですが、美々の頭に円形脱毛症が!? そして八木原はプロポーズを断られ……!?『#リモラブ~普通の恋は邪道~』第9話はどうなったのでしょうか? あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第9話のあらすじは?

再び五文字順太郎(間宮祥太朗さん)に想いを打ち明けられた大桜美々(波瑠さん)だったが、円形脱毛症のことでそれどころではない。

 

美々は、大学時代のカウンセラーに「一人で悩みを抱え込まないように」と言われたことを思い出し、意を決して青林風一(松下洸平さん)に打ち明ける。青林は「そんなの気にしない」と受け止めるが、円形脱毛症の原因がストレスだったことにショックを受ける。

 

それから数日後、美々は結婚の話を進めようとするが、青林は岩手に行くことすら先延ばしにする。美々は、青林が帰ると言った瞬間本当は『もう帰るの?嫌だな』と思っているのだと打ち明け、他にイケないことも考えていると正直に話す。そして青林に「結婚しよ。帰らないで青ちゃん」と大胆にもプロポーズ。しかし返ってきた言葉は「ごめん。全然気付いてあげられなくて」という謝罪。いたたまれなくなった美々は青林を帰すと、気を紛らわせるためにオンラインゲームを始める。

 

それから数時間後、青林が「週末キャンプに行こう」と誘ってきたため再び大混乱。ちょうど同じゲームをプレイしていた『檸檬2』こと五文字に相談してみると「キャンプが目的じゃなくて星を見上げながらプロポーズするのが目的なんじゃないかな」との返信が。週末にふたご座流星群のピークが来ることを知った美々は「プロポーズだ!」と期待に胸を膨らませる。

 

一方、青林は、偶然会社で五文字の携帯画面を見てしまいそこに『草モチ(美々)から新着メッセージ』の文字を見て2人の関係にショックを受ける。

 

複雑な状況のまま迎えた当日、美々はワクワクしながら青林のプロポーズを待つが、その言葉を聞くことはなかった。美々は青林の横で眠りながらも“絶対何かいいたいことがある”と感じていた。

 

翌日、モヤモヤとしたまま家路へと戻る2人。帰り際、青林が「あの……」と口を開くが、またも『檸檬2』からメッセージが届く。実は美々がリストラの対象と知った五文字が慌てて連絡をしてきたのだ。しかし青林は「ずっと嫉妬してた」と震えるように打ち明ける。そして「本当は結婚の話をするつもりだったのに」という。これを聞いた美々は「どうして並んで星を見ている時に言ってくれなかったの?あの時間はもう戻ってこないんだよ?私だってずっと言いたかった。結婚はあなた以外に考えられないって」と悲しげに伝え「もういい。帰ってください」と心の扉を閉じてしまうのだった。

 

それぞれのカップルに訪れる波乱

まずは八木原と栞(福地桃子さん)。

栞にプロポーズを断られてしまった八木原。実は栞の父・ひろ吉(西堀亮さん)はいずれ八木原には看護師の仕事をやめて、一緒に居酒屋「おと」を継いでほしいと思っていたのです。八木原の夢は看護師になること。栞はそれを知っていたのでプロポーズを断ったのです。八木原に看護師をやめてほしくない。だからと言って、自分が父を置いてお嫁に行くということをしたくない。結婚が嫌だとかそういうわけではなく、八木原のことも、お父さんのことも好きだからこそ断ったんですね。これに対してどうするのか八木原くん……。

でも、プロポーズでマジックはしなくてよかったと思うぞ……鳩を出さなくてもよかったと思うぞ……。

 

一方、朝鳴と富近カップルは順調のよう。富近は朝鳴の息子・保(佐久間玲駈さん)のためにぞうきんを縫ったりして……! 意外!

さらに二人きりになったところで「誕生日に花束だけで終わらせると思う?」と富近にネックレスをプレゼントします。そしてやっぱりプレゼントしたネックレスをつけてあげるのは王道なのですね……朝鳴部長の動作があまりに自然すぎる。さすが及川光博さん……さすがミッチー……。

しかし、ここにきて保が「新しいママなんていらない」と言い出します。ここのカップルにも波乱が!?

 

 

プロポーズ……のはずが?

 さて、美々と青林カップルはと言うと。

美々はひとりで抱え込んでいてはダメだと、円形脱毛症になったことを青林に打ち明けます。もちろん、その程度のことでは動じない青林。笑顔で受け止めますが、円形脱毛症の原因の多くはストレスだと知り、表情に陰りが。美々先生にストレス……視聴者も心当たりがありすぎて……。

 

さらに、美々は結婚のことで頭を悩ませます。新型ウイルスの影響で青林の実家の岩手に行くこともできない。落ち着いたら行こうと言われますが、それっていつ?と動揺。勢い余って自分から「結婚しよう」と言いますが、青林からはまさかの「ごめん」。慌てたせいでその言葉が思わず出たようですが。

そんな感じで落ち込んでしまった美々でしたが、青林が一緒にキャンプに行こうと誘います。その日はふたご座流星群が見られるようで、星空を見上げながら、プロポーズ!? とウキウキする美々ですが、空振りに終わります。

 

実は、青林は美々が五文字とメッセージのやりとりをしていたことに嫉妬していたのです。確かに、不安が勝ってしまって五文字に相談した美々も悪いと言えば悪いのですが……それこそ考えすぎてしまう青林の悪いところが出てしまったような気がします。

「ずっと嫉妬してたんだよ。どっかずっと引っ掛かってて」
「結婚の話をするつもりだったのに。本当はプロポーズするつもりだったのに」

んんんんん!! そうだけど! そんなふうに言われても!!

引っ掛かっていたのなら、きちんと最初から話せばよかったのでは、と思いますが、それができない。勇気が出ないのも分かります……。ずっと何か言いたそうにしていましたもんね。

美々は突き放すように「帰って」と言いましたが、ここにきてすれ違う二人。一体どうなるのか……。

 

 

どうなる最終話!?

なんと美々にリストラの可能性が!?

そして、美々と青林だけではなく、八木原と栞、朝鳴と富近はどうなるのか……最終話を待つしかありません!

 

見逃し配信サービスも!

第9話を見逃したという方は、民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』および『日テレ無料TADA!』で期間限定で無料配信。この機会にお見逃しなく。また、『hulu』でも配信(無料トライアルあり)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『日テレ無料TADA!』

『hulu』

 

過去放送分もチェック

『#リモラブ』第1話あらすじ

 

『#リモラブ』第2話あらすじ

 

『#リモラブ』第3話あらすじ

 

『#リモラブ』第4話あらすじ

 

『#リモラブ』第5話あらすじ

 

『#リモラブ』第6話あらすじ

 

『#リモラブ』第7話あらすじ

 

『#リモラブ』第8話あらすじ

 

※本記事内のTwitterやInstagramは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ