B’z、初の5週連続無観客配信ライブ 「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」アンコール配信が決定

SPICE


B’zが、Zepp Haneda(TOKYO)にて10月31日から11月28日まで毎週土曜日に5週連続で開催した初の無観客配信ライブ「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」、最終公演終了後にアーカイブの延長やアンコール配信を望む声が多数寄せられ、その声に応える形で待望のアンコール配信が決定した。

コロナ禍における初の配信ライブでは、1988年のデビューから2020年までの32年間を「5つの時代=5 ERAS」に分け、各々の時代にリリースした楽曲にてライブを構成。5週全ての公演で全楽曲を入れ替え、新曲を含む約80曲を披露。異なるセットリストとなるだけでなく、毎公演の演出・ステージセットも総入れ替え。まさにライブバンドB’zのアイデンティティを最大限に生かした5大ロックスペクタクルショーを開催し、大きな話題となった。

B’z初の試みとなった配信ライブでは、二十数年振りの楽曲や、シングルの2nd Beatながらも人気を博す名曲の披露。ミュージックビデオの演出や、今ではかなり貴重となった寸劇の再現等を織り交ぜ、普段では見ることが出来ない、松本と稲葉の素の一面も覗かせた。

また、演奏ではステージだけに留まらず、客席フロアやバックステージ、豪華に装飾されたロビーやドリンクカウンター等も演出の一部として使用。ロックショーの定番であるレーザーや火花等の特殊効果はもちろん、LED大型ビジョンを四方壁面全てに取り入れ、ライブハウスにも関わらず、アリーナクラス級の大型セットにドローンを縦横無尽に旋回させる等、無観客ならではのステージングで視聴者を魅了している。

最終公演最後の稲葉のMCの、「無観客ライブは無観客ではない」。その言葉に裏付けられた、オーディエンスとの絆、配信ライブの概念を覆した圧倒的存在感と、見る者全ての胸を打ったあの感動を、再び体感していただきたい。
「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-」
「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-」

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ