吉田沙保里、100キロの内山信二をおんぶ ダルビッシュ聖子も「沙保里はやっぱり凄い!」

元女子レスリング選手の吉田沙保里が安定の怪力っぷりを披露した。体重100キロのタレント・内山信二をおんぶしたのだ。これを生で見た内山の妻は「さすが沙保里さん」と大興奮しており、女子レスリング選手兼監督のダルビッシュ聖子も「やっぱりすごい」と絶賛していた。

タレント・内山信二(39)の妻・琴さんが16日にブログを更新し、元女子レスリング選手の吉田沙保里(38)女優の平祐奈(22)を自宅に招いて女子会を開いたことを報告した。写真からも楽しそうな様子が伝わってくるが、次の投稿でブログ読者を驚かせた。

吉田が体重100キロの内山をおんぶしていたのだ。琴さんによると在宅中だった内山が「沙保里ちゃんボク持ち上げてみて」と提案したところ、吉田は「おんぶならいけるよ」と答え、本当に内山をおんぶしてしまったのだ。

そんな光景を間近で見ていた琴さんは「さすが沙保里さん」「さすが霊長類最強女子」と大喜び。読者からも「ビックリ!」「私なら絶対無理です」という声があがった。

吉田沙保里は現役時代に4度のオリンピックに出場し、3大会連続で金メダルを獲得。さらには2012年の世界選手権で13大会連続の優勝を達成して、国民栄誉賞を受賞した。その強さから“霊長類最強女子”とも呼ばれていた。

そんな吉田にとって、内山を持ち上げることはそれほど難しくないのだろうか。琴さんのブログを見た女子レスリング選手兼監督のダルビッシュ聖子は、現役時代に2人分をおんぶしてトレーニングをしており「120キロくらいまでは行けた」と明かしている。それを踏まえたうえで「引退してからもまだできる沙保里はやっぱり凄い!」「私も主人くらいはおんぶして走れるくらいなっておかないとな」と絶賛した。いくら元レスリング選手だからといって、現役引退後も吉田ほどの体力をキープするのは容易ではないようだ。

現在はタレントや解説者として活躍中の吉田沙保里だが、現役時代からテレビに出演する機会が多く吉田の怪力に視聴者が驚かされる場面が何度もあった。2015年には日本テレビ系『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦』で、手越祐也と棒で相手を突き落とすというゲームで対決。手越は勝利したものの、吉田の強さに「やべぇ」と驚いていた。

現役引退後から曜日パーソナリティを務めている日本テレビ系『ZIP!』に初登場した際には、ハンマーでラクビーボールを飛ばし何色の箱に入れられるかというゲームに挑戦。誰も入れたことがない黄色い箱を狙った吉田は、勢いよくボールを飛ばしすぎて黄色い箱に跳ね返って落下するという結果に終わってしまう。これを見た視聴者からは「期待通りのことをしてくれてホッとした」という声があがっていた。

以前から結婚願望が強く、婚活にも関心があることを公言している吉田。2019年に出席したイベントでは、理想の男性について「引っ張ってくれる男性がいい」と語っていた。はたして“霊長類最強女子” とまで呼ばれた彼女をリードしてくれる頼りがいのある男性は現れるのだろうか。

画像2、3枚目は『内山琴 2020年12月16日付オフィシャルブログ「100キロ チャレンジ」「豪華素敵メンバーと女子会」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 すぎうら)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ