特別上映版『ワールドトリガー』キャスト総勢51名 新たに潘めぐみら参戦

クランクイン!

 アニメ『ワールドトリガー』2ndシーズンより、新たに潘めぐみ、赤羽根健治、三野雄大、近藤玲奈の出演が発表された。これにより、特別上映版には51名に及ぶ人気キャストが出演することになる。

原作は、葦原大介による人気SFアクション漫画『ワールドトリガー』。未知なる力を持つ「近界民(ネイバー)」の侵略に対抗するべく組織された界境防衛機関“ボーダー”の隊員である三雲修が、「近界(ネイバーフッド)」からやってきた謎の少年・空閑遊真と出会い、雨取千佳やボーダーの少年たちと共に奮闘する姿を描く。

2014~16年に放送されたテレビアニメファーストシーズン(全73話)の続編として、4年半ぶりとなる2021年1月9日よりセカンドシーズンがテレビ朝日系にて放送される。テレビアニメに先駆けて年末に公開される『特別上映版 ワールドトリガー2nd シーズン』は、セカンドシーズンの第1話と第2話をまとめ、劇場オリジナル映像を加えた特別版となっている。

今回、『特別上映版』ならびにテレビアニメセカンドシーズンに初登場するB級ランク「香取隊」のキャストが解禁。香取隊リーダー・香取葉子役を潘めぐみ、若村麓郎役を赤羽根健治、三浦雄太役を三野雄大、染井華役を近藤玲奈が演じる。

「ワールドトリガー」のもうひとつの魅力として、こうした攻防戦を繰り広げるキャラクターの数、キャストの数の多さが挙げられるが、今回の『特別上映版』には総勢51人にも及ぶ人気キャスト陣が一挙集合している。

併せて公開された場面写真は、本作で活躍するキャラクターの中から、「ボーダー」玉狛第一隊の小南桐絵(釘宮理恵)、三輪隊の三輪秀次(森田成一)、風間隊の風間蒼也(緑川光)、太刀川隊の太刀川慶(浪川大輔)。そして軍事国家「アフトクラトル」近界民(ネイバー)のヒュース(島崎信長)、アフトクラトルの従属国家「ガロプラ」の遠征部隊より、ガトリン(江川央生)とラタリコフ(豊永利行)の2ショット、ウェン・ソー(園崎未恵)のカットとなっている。

『特別上映版 ワールドトリガー2nd シーズン』は、新宿バルト9、梅田ブルク7ほかにて12月25日~2021年1月7日の期間限定公開。テレビアニメ『ワールドトリガー』2nd シーズンは、テレビ朝日系にて2021年1月9日25時30分より放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ