松下洸平、間宮祥太朗に嫉妬『#リモラブ』最終回直前の大波乱に反響殺到

dwango.jp news


波瑠が主演を務めるドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~ 』の第9話が16日放送され、最終回を前に波瑠が演じる産業医の美々と松下洸平演じる“受け止め系男子”の人事部員・青林のカップルに最大の危機が訪れ、「胸が締め付けられる」「切ない終わり方だった…」と反響の声が多数寄せられている。



第9話では、青林との結婚を意識した美々。考えていることをなかなか青林に言うことが出来ない日々が続き、美々は円形脱毛症になってしまう。自分から青林にちゃんと言いたいことを言おうと決心し、「心の中ではいけないことも考えちゃう、産業医でいることに疲れちゃうこともある」と日ごろ考えている想いを吐露。そのままの流れで「結婚をしよう、帰らないで青ちゃん」と告白するが、青林からの返事はまさかの「ごめん…」。

その返事に驚きショックを受ける美々だったが、青林の「ごめん」の意味は、プロポーズを断ったということではなく、「そんなこと考えているなんて知らなかった…わかってあげられなくて…」という意味での「ごめん」だったが、美々はもう自分から結婚のことを言うのは辞めようと決心するのであった。

そんな折、美々は青林から「週末キャンプに行こう」と誘われる。美々は、「なぜ今キャンプ?」と疑問に思い、青林からキャンプに誘われたことを五文字(間宮祥太朗)に相談する。五文字は美々の相談に対し「キャンプに誘ったのは、あおちゃんは満天の星空の下でプロポーズするのが夢だったから、プロポーズしようとしているんじゃないか」と美々にアドバイスを送り、美々は元気を取り戻す。

しかし、ある日の残業中、青林は美々と五文字がSNSでやりとりをしていることを知ってしまう。五文字は美々とのやりとりで「さっさと結婚しちゃってください」と激励。仲良しの先輩の青林と美々を応援しているからこそのメッセージ交換だったが、そうとは知らない青林はもやもやを抱えてしまう…。

そして、そのままキャンプデートの日に…。

キャンプデート当日、美々は「いつプロポーズされるんだろう」とウキウキするが、青林はその気配を全く見せない。キャンプ場でふたご座流星群をみるというロマンチックな雰囲気でも青林は全くプロポーズを匂わせる様子はなく、美々と青林はそのままなんとなく気まずい雰囲気で、2人は黙ったままテントで就寝。

翌朝、キャンプから帰宅する際の車内も会話はまったく弾まず…。家に着くと、タイミングが悪くも美々の携帯に五文字からメッセージが届く。

青林は美々に「五文字とやりとりしてるの?」と聞き、「自分の地元の幼なじみ“雪ちゃん”に嫉妬していたように、ずっと嫉妬してたんだよ。2人で同じ星をみながら結婚の話をするつもりだったのに、本当はプロポーズするはずだったのに」と話し始める。それを聞いた美々は「どうして今言うの。どうして並んで星を見ているときに言ってくれなかったの?結婚はあなた以外考えられない、って言いたかったのに」と青林に話し、「今日はもういい、帰って」と告げ、第9話は幕を閉じた。

先週までのイチャコラ一転、最後の最後ですれ違ってしまった美々と青林。キャンプの前半では、青林からプロポーズされると思い、ドキドキしている美々がかわいらしく、また、おそろいの腹巻を身に着け一緒に写真を撮るなど微笑ましいシーンもあったからこそ、ラストの大波乱の展開がもどかしくなってしまう。

想いは同じはずなのに、言いたいことがすぐに言えなかったり、タイミングを間違えてしまったりと、もどかしい展開の連続となった第9話。視聴者からも「ラストに大波乱…」「すれ違い、辛い…」「あー!もう!もどかしい~~涙」「リアルなカップルの喧嘩を見ているようだ…」と反響が多数寄せられている。

素敵で優しすぎる登場人物たちだからこそ、最後はハッピーエンドで終わってほしいという声が多く寄せられた第9話。残すところあと1話、美々&青林カップルの幸せな姿を待ち望んでしまう。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ