「その先」の物語が始まった……! ~ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage ゲネプロレポート

SPICE



2020年12月12日(土)、東京・日本青年館ホールにて幕を開けた、ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage。いよいよベールを脱いだテニミュの新たな歴史の1ページ、その模様をレポートする。

晴れ渡った冬の空に映える日本青年館ホール。改めて眺めるテニミュの“聖地”にワクワクした気持ちで足を踏み入れる。原作の連載が始まって以来「いつミュージカルになるのか」と、ひたすら待ち続けた日々も今日で終わり。さあ、ミュージカル『新テニスの王子様』のお披露目だ。

客席の照明が落ち、ボールが弾むラリーの音と激しく動く靴音の軋みが響いてくる。これぞ“ザ・テニミュのオープニング”! しかし目の間に広がるのは全く新しい世界。これは全国大会で青春学園中等部が優勝したあと、U-17(アンダーセブンティーン)日本代表合宿に選ばれし中学生たちが集った「その先」の物語である。
ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage ゲネプロより (C)許斐 剛/集英社・新テニミュ製作委員会
ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage ゲネプロより (C)許斐 剛/集英社・新テニミュ製作委員会

越前リョーマ(今牧輝琉)、手塚国光(山田健登)、桃城 武(寶珠山 駿)、橘 桔平(GAKU)、跡部景吾(高橋怜也)、切原赤也(前田隆太朗)、白石蔵ノ介(武本悠佑)、千歳千里(松島博毅)、遠山金太郎(平松來馬)、リリアデント蔵兎座 (新谷デイビッド)ら、伸び盛りのフレッシュな中学生チームの先陣をきってソロナンバーを披露したリョーマ役の今牧。無垢な元気オーラがパーッと場内を明るさで包み、テニミュ熱がぐんっと上がっていく……が、そこに現れたのは黒部由起夫(村上幸平)、齋藤 至(和泉宗兵)、三船入道(岸 祐二)のコーチ陣。エレガントな黒部、知的な齋藤、ワイルドな三船と三者三様の個性で「ここでの全てを牛耳るのは自分たちだ」という存在感を見せつけてくれる。そして、彼らによる想像を超えた合宿システムの中、中学生と高校生の間に飛び交うピリピリとした緊張感と、互いに「勝ち」への信念を持って向き合う空気──それぞれのプライドが渦巻く合宿所で新たな戦いが始まっていく。
ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage ゲネプロより (C)許斐 剛/集英社・新テニミュ製作委員会
ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage ゲネプロより (C)許斐 剛/集英社・新テニミュ製作委員会

桃城vs鬼 十次郎(岡本悠紀)、リョーマvs徳川カズヤ(小野健斗)、金太郎vs鬼、白石・切原vs松平親彦(田内季宇)・都 忍(鈴木凌平)、のほか一人ひとりの選手が個々に抱くテニスへの情熱、仲間への思い、先輩たちへのリスペクトを背負って全力でぶつかっていく試合の数々がテンポよく展開。ハードロック、アンビエントテクノ、シティポップス風にピアノの調べなど、プレースタイルに合わせた曲調と試合中の心情をアグレッシブに記した歌詞に彩られるカラフルなミュージカルナンバーの連打が心地よい。
ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage ゲネプロより (C)許斐 剛/集英社・新テニミュ製作委員会
ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage ゲネプロより (C)許斐 剛/集英社・新テニミュ製作委員会

振り付けのスタイルもテニミュ1stシーズンを彷彿させる手触りで、ステージ上も「基本、必要なのはコートとネットだけ」という潔さ。崖の上の特訓、新旧青学(せいがく)部長の再会、学校の壁を超えた友情と信頼の芽生えなど原作に盛り込まれた数多くのエピソードを巧みに整理し、「あとは役者の熱量とキャラクターの個性で届ける!」という脚本・演出の上島雪夫のテニミュ愛、テニミュマエストロとしてのクリエイティビティに導かれ、気づけば“懐かしくて新しい”ステージのヴァイブスと物語に没頭していた。

オープニングからエンディングまで、やはり心を支配したのは「テニミュって楽しい!」というシンプルかつ究極の気持ち。だからこそ舞台上で起きることはぜひ最初に自身の五感で受け止めて欲しい……ので、レポートはまずは控えめに。

中学生、高校生、大人……登場人物は、みな「この声、この姿でこのセリフを言って欲しかった」のツボをことごとく押さえてくれているので、役者それぞれがどうキャラクターを愛し、研究し、板の上に立ち上げたかをじっくりと堪能し、また、あらゆるシーンで大活躍してくれるテニミュボーイズを応援し、今は全く先の見えない合宿の行方に思いを馳せていよう。バラエティ豊かな試合展開、這い上がっていくリョーマたちの真剣勝負。ここからが本当のスタートだ。
ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage ゲネプロより (C)許斐 剛/集英社・新テニミュ製作委員会
ミュージカル『新テニスの王子様』The First Stage ゲネプロより (C)許斐 剛/集英社・新テニミュ製作委員会

キャスト コメント


■越前リョーマ役 今牧輝琉

ーー意気込み

今回、『新テニスの王子様』が初の舞台化ということで、たくさんの方に注目されていると思います。キャスト一同、お客様にこの作品を届けることを心から楽しみに稽古してきました。本日から開幕となりましたが、1公演1公演を大切に、来年2月の大千秋楽まで、全力で駆け抜けたいと思います!! そして、僕自身リョーマと共に成長していけるように頑張ります!

ーー見どころ

今までライバル同士だった他の学校の選手達がひとつになってU-17(アンダーセブンティーン)選抜メンバー(高校生)に立ち向かう所や、負け組の特訓シーンが見所だと思います。それと、テニミュボーイズの方々が大活躍しています!
色々な場面が忠実に再現されているのでお楽しみに!!

ーーお客様へのメッセージ

長いようで短い稽古期間でしたが、とても団結力が高まりました!! カンパニー一丸となって素晴らしい作品をお届けいたします!!
初めての『新テニミュ』を、ぜひお楽しみください!!

■手塚国光役 山田健登

ーー意気込み

キャストの皆さん、沢山のスタッフの方々に支えられ必死に稽古をしてきました。
稽古で作り上げた作品をお客様に誠心誠意届けられるよう努めます。

ーー見どころ
僕は今回の『新テニミュ』が初出演ですが、『新テニミュ』の手塚国光は全国大会を経ての登場です。
諸先輩方が演じてきた手塚国光に敬意を払い、新しい彼を演じたいと思いますのでぜひ注目してください。

ーーお客様へのメッセージ

『新テニミュ』の初代・手塚国光を演じさせていただくこと、とても嬉しく思っています。その分プレッシャーも感じているので、その重圧をしっかりと受け、全力でこの作品をお届けできたらと思っております。

■切原赤也役 前田隆太朗

ーー意気込み

『テニミュ3rdシーズン』で切原赤也役を演じていたときは立海のために頑張るという気持ちでしたが、今回は中学選抜メンバーとして頑張るという新たな気持ちで本番に臨みたいと思います!

ーー見どころ

『テニミュ』では悪魔(デビル)化を演じましたが今回は天使(エンジェル)化なのでその違いを見ていただきたいです! また『新テニミュ』ならではの学校の垣根を越えたキャラ同士の絡みにも注目していただきたいです!

ーーお客様へのメッセージ

今作は『新テニミュ』初演なので僕が初代・切原赤也になります。
今まで遠い存在だった初代が自分になるというのはすごく不思議で同時にプレッシャーも感じます。
新たな切原赤也を皆さんにお届けできるよう誠心誠意努めますので何卒温かい目で見守ってください。

■徳川カズヤ役 小野健斗

ーー意気込み

再び『テニミュ』のコートに立てる日がついにきました。
高鳴るこの感情を全てステージ上で発揮し、この物語に貢献したいと思います!

ーー見どころ

昔と比べて進化した内容と代々受け継がれている熱い魂の融合はとても見応えがあります。
最後までぜひ楽しんでください!

ーーお客様へのメッセージ

日々お客様には感謝しております。
最高のステージをお届けしますので、引き続きこれからもよろしくお願いします。
新しい時代の幕開けです。

■三船入道役 岸 祐二

ーー意気込み

歴史ある『テニミュ』に参加出来て光栄です。
お世話になった方や過去共演した卒業生達の期待も背負いつつ、
新しい(と言っても最年長ですが(笑))風を吹かせられたらと思っています。

ーー見どころ

やはり皆が見たかっただろう対戦のシーンですかね?
対戦しながら歌う皆に拍手です!
それと、私の歌で劇場が壊れたらすみません(壊れませんので安心して下さい(笑))。

ーーお客様へのメッセージ

これからの『テニミュ』の歴史を貴方も一緒に創りましょう!
こんなご時世ですが……あなたの人生の数時間を末永い想い出に出来るよう、楽しんでもらえるよう、心して努めます!

取材・文=横澤 由香

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ