【マーベル・スタジオ】2021年オリジナルドラマ最新映像公開&『スター・ウォーズ』の新作発表【動画あり】

ウレぴあ総研

世界興行収入No.1を『アベンジャーズ / エンドゲーム』の公開から約1年半の時を経て、2021年にマーベル・スタジオが再始動。

新章の幕開けを飾るマーベル・スタジオ”初“のオリジナルドラマシリーズから、順次ディズニープラスにて独占配信となる『ワンダヴィジョン』『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』『ロキ』、さらにマーベル・スタジオ初のアニメーションシリーズ『ホワット・イフ…?』(原題)の最新映像が全世界で一挙公開された。

2021年1月15日より日米同時配信となる『ワンダヴィジョン』は、『アベンジャーズ / エンドゲーム』にも登場したワンダとヴィジョンの“その後“を描いたシットコム。

コメディ作品ならではの幸福に満ちた雰囲気から徐々にホラー映画のような不穏な空気が漂い始め、マーベル・スタジオらしい衝撃的な展開が待ち受ける。

監督は『ゲーム・オブ・スローンズ』『ファーゴ』のエピソード監督を務めたマット・シャックマン。シリーズ変わらず、ワンダ・マキシモフをエリザベル・オルセン、ヴィジョンをポール・ベタニーが演じる。

最新映像はふたりの幸せな結婚生活から始まるが、その生活が少しずつ歪み裏に隠された謎がむき出しになっていく。つじつまが合わないふたりの会話や隣人の不気味な笑いなど、不穏な雰囲気に包まれる映像だ。

さらに、映像の終盤では『キャプテン・マーベル』に登場したキャプテン・マーベルの親友の娘モニカ・ランボーが成長した姿で登場。

さらに『マイティ・ソー』のジェーンの親友ダーシー・ルイス、『アントマン&ワスプ』のFBI捜査官ジミー・ウーなど、マーベル・シネマティック・ユニバースならではの映画とドラマのクロスオーバー実現に期待が高まる。

また、新たな戦いを予期させるヴィジョンの「だったら戦おう」というセリフや、『アベンジャーズ / エンドゲーム』でキャプテン・アメリカが元の場所に戻したはずのマインドストーンの再登場など、予測不可能な本作から目が離せない。

マーベル・スタジオのドラマシリーズ第2弾『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は2021年3月19日に日米同時配信決定。

さらに特報映像とマーベルの新バディを捉えたキービジュアルが公開となった。本作の舞台は、『アベンジャーズ /エンドゲーム』後の世界。キャプテン・アメリカから盾を受け継いだファルコンだったが、キャプテン・アメリカが成し遂げた功績を前に、彼の称号を自身が担うには重すぎるものだと考え始める。

「世界がひっくり返っている」と壮大な戦いを予期させる台詞、さらに『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』でアベンジャーズを分裂させた、バロン・ジモも再び登場。タッグを組んだファルコンとウィンター・ソルジャーは、世界を揺るがす戦いに巻き込まれていく。

特報映像では、疾走するバスの上で繰り広げられる戦いやファルコンによる激しい空中戦が炸裂。ドラマのスケールを遥かに超えた完成度で、世界中のファンを再び興奮の渦に呑み込んでいく。

さらにファルコンとウィンター・ソルジャーによるイマイチ噛み合わない作戦やユーモア溢れるやりとりなど、マーベルの新たなバディの活躍に期待できる場面も。絶対的なヒーローだったキャプテン・アメリカを失った世界の希望となる星は現れるのだろうか。

2021年5月に日米同時配信されることが決定したマーベル・スタジオのドラマシリーズ『ロキ』からは、本編映像が届いた。

本作では『アベンジャーズ /エンドゲーム』にてアイアンマンたちが訪れた過去の世界で四次元キューブを手に消え去ったロキが、見知らぬ地で“時間の流れが違う“という謎の組織TVAの男に拘束され、新たな戦いに巻き込まれていく。

映像の中盤には作業服を着て戦う姿や、シックなスーツでお洒落にキメて飛行機に乗り込む姿など、ロキの様々なビジュアルがお目見え。

終盤は兄のソーと故郷であるアスガルドの門番“ヘイムダル”の名を呼び、飛行機から豪快に飛び降りた瞬間、アスガルドと地球をつなぐ架け橋ビフレストに吸い込まれるシーンも。未だ全貌は見えないが、四次元キューブを手にしたロキの新たな冒険に期待が高まる。

マーベル・スタジオが贈る初のアニメーションシリーズ『ホワット・イフ…?』(原題)。本作では「もしもあの時、ヒーローたちが別の選択をしていたら...?」をテーマに、マーベル・シネマティック・ユニバースの別軸の物語をアニメーション化していく。

ストーリーへと導くのは、“ウォッチャー”と呼ばれるガイド役の男。また、ソー役のクリス・ヘムズワースを始め、ホークアイ役のジェレミー・レナー、ロキ役のトム・ヒドルストン、ティ・チャラ役のチャドウィック・ボーズマンや、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンなど、映画作品で役柄を演じた俳優たち自身が声優を務める。特別映像が公開となったので、ぜひチェックしてほしい。

さらに、『スター・ウォーズ』シリーズを生み出したたルーカスフィルムが、インベスターデー(投資家向け説明会)で“はるかかなたの銀河系”の舞台をさらに拡大する超豪華ラインナップを発表した。プレゼンテーションには、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディが登場。

現在ディズニープラスにて配信されている実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』を皮切りに、ダース・ベイダーとオビ=ワンが登場する『スター・ウォーズ:オビ=ワン・ケノービ(原題)』、「クローン・ウォーズ」で初登場し『マンダロリアン』で実写化したアソーカ・タノが主人公『スター・ウォーズ:アソーカ(原題)』、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の人気キャラクター キャシアン・アンドーが主人公の『スター・ウォーズ:アンドー(原題)』、そして“スター・ウォーズのルーツ”とも呼ばれる日本で、世界最高峰のクオリティを誇る日本のアニメクリエイターが制作する『スター・ウォーズ:ビジョンズ』などが、ディズニープラスで独占配信されることが決定した。

主なラインナップは以下の通り。

◆『スター・ウォーズ:オビ=ワン・ケノービ(原題)』

舞台は『スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐』から10年後の世界。ユアン・マクレガー演じるオビ=ワン・ケノービを主人公に描かれるオリジナルシリーズ。さらに本作ではヘイデン・クリステンセンがダース・ベイダーとして復活する。

◆『スター・ウォーズ:アンドー(原題)』

「エピソード4 / 新たなる希望」の直前のストーリーを描き、ファンから絶大な支持を集めた『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。反乱軍の黎明期の時代を舞台に「ローグ・ワン」メンバー“キャシアン・アンドー”を主人公にした実写ドラマシリーズ。キャシアン役のディエゴ・ルナが製作総指揮を務める。

◆『スター・ウォーズ:アソーカ(原題)』

アニメーション作品『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』で誕生した大人気キャラクターで、『マンダロリアン』シーズン2の第5話で“実写化”して登場し、全世界のファンを興奮の渦に巻き込んだアソーカを主人公に迎える。主演はもちろんロザリオ・ドーソン。

◆『ランド(原題)』

シリーズに度々登場するハン・ソロの悪友ランド・カルリジアンを主人公に描かれるオリジナルシリーズ。監督はジャスティン・シミエン。

◆『スター・ウォーズ:ビジョンズ』

世界最高峰のクオリティを誇る日本のアニメクリエイターたちの“ビジョン”を通して語られるスター・ウォーズの世界。スター・ウォーズのルーツと呼ばれる日本で生まれる全く新しいオリジナル短編アニメーション。

◆『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』

ルーカスフィルムが贈る新たなアニメーションシリーズ。『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』で登場した通称バッド・バッチ(不良分隊)というクローン兵士のエリート部隊について描かれた物語。クローン戦争の後に急速に変化してく銀河の中で、傭兵としてのミッションに身を投じながら、戦争が終わり彼ら自身の新たな目的を模索する姿が描かれる。製作総指揮は『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『マンダロリアン』のデイブ・フィローニ。

◆『アコライト(原題)』

スター・ウォーズの新たなオリジナルシリーズ。ダークサイドの力が浮かび上がるザ・ハイ・リパブリック時代末期を舞台に描かれる、銀河の“闇に包まれた”秘密に迫るミステリー・スリラー作品。

◆『スター・ウォーズ:レンジャーズ・オブ・ザ・ニュー・リパブリック(原題)』

『マンダロリアン』から生まれた新オリジナルシリーズ。

◆『ドロイド・ストーリー(原題)』

ルーカスフィルム・アニメーションがルーカスフィルムのVFXチーム“インダストリアル・ライト&マジック”(ILM)と強力なタッグ結成。R2-D2とC-3POが新たなヒーローの壮大な物語を案内するアドベンチャー作品。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ