グレイ・デイズ、故チェスター・ベニントンの計り知れない才能にスポットライトを当てたアコースティックEPをリリースへ

Billboard JAPAN



バンド・メンバーが、シンガーの故チェスター・ベニントンとの約束を果たした感動的なアルバム『アメンズ』で広く賞賛されたグレイ・デイズが、2021年1月29日に5曲入りのEP『Amends... Stripped』をリリースすることが発表、収録曲の「Shouting Out (Stripped)」がMVとともに先行配信がスタートした。

「チェスターのような偉大なシンガーと仕事をしていて面白いことの一つは、彼の周りの環境から離れれば離れるほど、彼の声の微妙なニュアンスを理解し、聴くことができるようになるということです」「彼は素晴らしい作曲能力を持った特別なヴォーカリストで、アコースティック・ヴァージョンの“Shouting Out (Stripped)”でこれらの異なるヴォーカル・パフォーマンスを使うことは、私たちにとって非常に意味のあることでした」とグレイ・デイズの共同設立者でドラマーのショーン・ダウデルは話す。

バンドは10月にスタジオに戻り、プロデューサーのビリー・ブッシュ(ガービッジ、ミュズ)と共に故チェスターの別ヴォーカル・トラックのセレクションをした。このアコースティック・リリースのコンセプトは『アメンズ』のリリース前にグレイ・デイズが話し合っていたもので、このリリースは素材に新しい側面を与え、彼らがスタジオでしか見ることができなかった故チェスターの計り知れない才能にスポットライトを当てると確信していた。

なお、本作は2021年4月9日にヴァイナルでのリリースも予定されている。

◎リリース情報
EP『Amends... Stripped』
2021/1/29 RELEASE
<収録曲>
01. Shouting Out (Stripped)
02. Sometimes (Stripped)
03. Soul Song (Stripped)
04. What’s In The Eye (Stripped)
05. The Syndrome (Stripped)

Artist Photo: Anjella at Sakiphotography

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ