SixTONES田中樹「KAT-TUNマジ怖え」! 亀梨和也に謝罪で「人生いろいろ」

wezzy


 12月12日、菊池風磨(Sexy Zone)、河合郁人(A.B.C-Z)、田中樹(SixTONES)、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)の4人による旅バラエティ番組『すこジャニ~ルールだらけの旅~』(フジテレビ系)が放送され、田中が電話でKAT-TUN亀梨和也に謝罪した。

『すこジャニ~ルールだらけの旅~』は、菊池風磨がレギュラー出演する『ドッキリGP』のスタッフによる番組で、バラエティを頑張りたい若手ジャニーズの4人で九州ハプニング旅を楽しむ内容。海釣りや温泉を経て、旅館でしんみり語り合うシーンで、田中の発案によりお世話になっている先輩ジャニーズに今年のお礼をするべくアポなし電話を入れることになった。

そして河合が、KAT-TUNの亀梨和也に電話。すると菊池と田中は「KAT-TUNは本当に怖い」と言い出し、極端に緊張。

亀梨とまともに喋ったことがないという菊池が「マジ怖ええじゃん」と怖気付くと、田中も「俺が言っていいのかわからないんですけど、KAT-TUNマジ怖えす」と同調。河合も「まあまあまあ、俺もそのイメージ」と同意しつつ、電話を発信した。

アポなしにも関わらず亀梨はすぐに電話に出た。するといきなり正座の体勢になる菊池と田中。明らかに緊張している。そして河合が「もう風磨と樹がKAT-TUN怖いからって言ってて」と明かすと、亀梨は「いや樹がKAT-TUN怖いとか言ってんじゃねえよ(笑)」と一生に付す度量の大きさを見せた。田中は「あらためて僕、ホンットすいませんでした!!!」と大きく頭を下げ、亀梨は「まあ人生いろいろだからね(笑)」と笑っていた。

電話を切ってから「辰巳くん亀梨くんより先輩だよ?」と知らされると、それまで散々、ボケ役の辰巳をバカにしていたツッコミ重視の田中だが、「いや、だとしたら付き合い方考えます」「いやマジでかっけえーなー…」と緊張が解けない様子だった。

なぜ亀梨が「いや樹がKAT-TUN怖いとか言ってんじゃねえよ」と突っ込んだかというと、田中は元KAT-TUNで最も治安が悪い男・田中聖の弟だからだ。

田中聖はKAT-TUNの「チョイ悪なかっこよさ」を牽引するメンバーだったが、2013年に突如、ジャニーズ事務所の専属契約を解除されている。同時にKAT-TUNも脱退。契約解除の理由は「度重なるルール違反行為があった」ためだと発表された。

田中家は5人兄弟で、聖は次男、樹は四男。兄弟仲の良さでは有名だ。聖がクビになった時、樹はすでにジャニーズJr.として活動していた。樹も肩身の狭い思いをしただろう。今回、兄がグループに迷惑をかけたことを亀梨に謝罪したことになる。

ただ、SixTONESはライブでたびたびKAT-TUNの楽曲をカバーしており、「チョイ悪かっこいい」を継承しているグループでもある。

そして12月2日に放送された『2020FNS歌謡祭』(フジテレビ系)第一夜では、SixTONESとKAT-TUNがコラボし、KAT-TUNの6人体制時代の名曲「Keep the faith」をパフォーマンス。樹は上田竜也と共に、兄のラップパートを担当し、「エモすぎる」「歴史に残る最強コラボ」とファンの涙を誘った。

『すこジャニ~ルールだらけの旅~』の収録は『FNS歌謡祭』よりも前のことだったのだろう。ちなみにSixTONESのジェシーは、亀梨と二人きりで食事に行くこともあるという。

当記事はwezzyの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ