高橋真麻、7か月の娘とディズニーランドに行くのは“親のエゴ”批判に反論「我が子は刺激を受け、大きく成長した」

フリーアナウンサーの高橋真麻(39)が生後7か月の娘と初めてディズニーランドに行ったことをブログで報告したところ、のちにネット上で“親のエゴ”だという批判の声を目にした。この意見に高橋はブログで猛反論している。

12月11日の『高橋真麻 オフィシャルブログ「マーサ!マーサ!タカハシマーサ!」』には、娘と行ったディズニーランド関連の記事が複数投稿されている。ミニーマウスのキャップやウェア、『美女と野獣』ベルのヘアバンドをつけた娘の姿や、園内で食べた料理の写真など楽しかったディズニーランドの思い出を紹介。体重8.7キロの娘を抱っこして長い距離を歩いたため、普段の運動不足も相まって股関節が筋肉痛になってしまったが、充実した休日を過ごすことができたようだ。

父である高橋英樹(76)のブログにも、「こんな写メが届きました」とディズニーランドでの可愛い孫と娘のツーショットを公開しており、「ミニーちゃんのキャップをかぶっているなんて!」と孫娘にメロメロになっていた。

この2人のブログはすぐにネットニュースに取り上げられ、コメント欄には様々な意見が寄せられている。その中に「まだ7か月の子供を連れて行ったって子供は分からないし、楽しめないのに親のエゴだ」という内容があったことから、真麻は翌12日のブログで「とんでもない!!」と反論した。

まず娘が「色々な物を見て、聞いて、感じて、吸収していること」を、親としてそばにいながら日々感じているという。今回のディズニーランドでも「彼女が刺激を受け、何かを感じ、普段の生活では見られない様々なものを目にして、大きく成長したことは親の目から見て明らかでした」と決して“親のエゴ”ではなく、意義のあることだったと強調している。

ブログのコメント欄には「親のエゴではないですよ!! 娘さんの知育にディズニーランドは良いと思います」、「ママが楽しそうにしてれば、赤ちゃんも楽しいはず。気にせず、たくさんお出かけしてくださいね」、「いろんな刺激や体験は大切だと思います。その体験は何かに生きてくるはずです」、「なにより、母が楽しんで笑顔になって、明日からも育児頑張ろう!って思えただけで、行った意味はあります」と赤ちゃん連れでディズニーランドに遊びに行くことに抵抗はないとする声が多数を占めていた。

画像2、3枚目は『高橋真麻 2020年12月11日付オフィシャルブログ「初めてのディズニーランド」』『高橋英樹 2020年12月11日付オフィシャルブログ「真麻からの可愛い写メ」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ