大沢たかお「安倍晴明のエネルギーを借り、僕らの思いを吹き込んだ“今のLIVE”を届けたい」~『INSPIRE 陰陽師』インタビュー

SPICE



“未来に希望の光を示す、誰も見たことのない陰陽師。晴明、祓う。”──2020年12月31日(木)~2021年1月6日(水)(※1月1日(祝・金)は休演)日生劇場にて上演される『INSPIRE 陰陽師』。本作に掲げられたメインコピーは、COVID-19の影響で今までの生活習慣や価値観を変えざるを得ない状況にいる私たちにとって、特別な意味を秘めたエールのように響いてくる。そして主演の大沢たかお自身もまた、本作で安倍晴明を演じるにあたって特別な思いと意義を抱いていた。圧倒的な存在感で常に作品の中心で輝く俳優だからこそ表現できる、新たな安倍晴明像。そこから放たれる光と、“祓う”パワーの源とは。

ーー本作は2年ほど前から動き出していたプロジェクトだそうですね。

「僕の安倍晴明で作品を」というお話は今までいくつかいただいていまして、キャラクター……存在としての陰陽師・安倍晴明には興味もありましたが、その時の自分とはあまりマッチしなくて。でも、2年前くらいから自然とそちらに気持ちが向いて、そしてなんとなく「今なら一番頑張れるのかな」と思い始め、こうして実現することになりました。

ーーストレートプレイやミュージカルではなく、“イリュージョンと芝居の融合”がコンセプト。非常にエンターテインメント色の強い作品です。

日々コロナに対応していかなければいけない今のこの状況の中、普通に役者さんが朗々とセリフを喋っているようなお芝居はあまり面白くないんじゃないかな、もっとなにか違うエネルギーのモノをステージの上でできないかな、というのはなんとなく自分の中のイメージとしてあって。それを陰陽師・安倍晴明という人物のエネルギーを借り、さらにリアルタイムな僕らの思いとかを吹き込んだら、昭和とも平成とも違う“令和の今のライブ”ができるのかなと思ったりもしますが……こればっかりはやってみなければわからないこともたくさん。セットデザインはスタッフのみなさんがいろいろアイデアを出してくださっていて、通常、稽古場で行う稽古も今回は劇場でできるんです。いろんな特殊装置、音響、トリック……実際の劇場で調整しながら準備ができる。ありがたいですね。僕はもう日本一稽古場が嫌いな俳優で、いつもはいかに稽古をサボるかしか考えてないんですけど(笑)、今回は稽古場じゃないって聞いて「じゃあ稽古やってもいいかな」って思ってるところです。ハハハッ(笑)。とにかく観に来てくださったお客様にはサプライズの連続で約2時間弱、直球のエンターテインメントを楽しんでいただきたいです。
大沢たかお
大沢たかお

ーー大沢さんが演じる安倍晴明は平安時代に実存した日本史上屈指の陰陽師。人々を様々に救う呪術や祈祷、“祓う”力に長け、数々の伝説を残しています。彼を主人公にした創作物も数多ありますが、今回はどのようなストーリーに?

安倍晴明とその周りを取り巻く人たちは残しているのですが、そこにちょっと時空をずらして様々な要素を取り入れ……あまり細かく言うと「答え」になってしまうのでまだ詳しくはお伝えできませんが、彼の物語のベースは変えず、今の時代感も反映させながらそこを“どう見せるか”を考えています。イリュージョンのような演出も取り入れながら、“今、安倍晴明の魂が日生劇場に降りてきたらどうなるのか?”ってね。一歩間違えば危うい部分もあると思いますが、それくらい精神的にもメーターを振り切る表現でなければ、2020年の舞台としてはやれない。まだ企画段階のことも多いのでもしかしたら本番、大失敗するかもしれないですけど(笑)、お客様もある意味命がけで劇場にいらしてくれる中、やっぱり僕らはエネルギーの弱いモノは作れないですから。

コンセプトとか思いとか題材とか、まずは今回参加してくれるみんなの抱く思いが同じ方向を向いていればいい。そこから稽古期間にいろいろ肉付けしてブラッシュアップして。アクション、ダンス、楽器演奏……音楽的にも視覚的にも特殊な演出を取り入れていますので、信頼できるチームの力で劇場を別の時空に変えてしまうような、そんな世界を創っていこうと思っています。驚きの連続、前例のないエンターテインメント、まさに今までにない形の生のステージを創ろうと動いています。

ーー前例のないエンターテインメント、ワクワクしますね!

ちょっと大口叩きすぎてるかな?(笑)。でも僕らも本当にワクワクしています。やっぱりなにかにトライしようとすると、どうしたって今までにないようなモノになってきますから。今も「これって○○っぽいね」となったら、誰かがすぐに却下します。時間との戦いもありますけど、そこで爆発するエネルギーは絶対です。

ーーイリュージョンのお稽古も?

実はちょっとだけデビッド・カッパーフィールドに憧れていたので(笑)、そういう要素も楽しみです。それこそ安倍晴明が当時一から十まで呪術で事を成していたかというと……おそらくそれだけではなく、少しパフォーマンスというか、あまり霊的ではないこともしていたのではないかと想像するんです。あれだけの大人物であれば、「晴れを雨にする」とかじゃない、なにか人心を掴むイリュージョンのようなことも工夫して考えてたんじゃないかな。そういうことも上手に混ぜられたらよりドラマに深みも出せますし、そこからさらに“今だからこそ見せられる安倍晴明のリアリティ”みたいなものが生まれるんじゃないかなと思います。
大沢たかお
大沢たかお

ーー虚実綯い交ぜにすることで、見えるモノに真実味が増していく。

なので、エンターテインメントでファンタジーなんだけれど、みんなが気づかないところでリアルも入れられたらより面白いはず。なにか「本物」を取り入れたくて京都に行ったりもしています。陰陽師について、あるすごい方に3時間くらいレクチャーしていただきましたが、探り出すと際限がなくて、もう本当にわからない(笑)。でも残念ですが修行する時間はありませんし、本当に個人的なレベルで……これはスタッフのみなさんにもまだ言っていませんが、例えば衣裳とか、道具は……お借りするのはかなり難しくはあるんですけど、とにかくどこかに「本物」を入れたい。そういうのってお客様は知ってても知らなくてもよいですが、そこに本物が混ざっていることで舞台上にもなにかより強いエネルギーが生まれるんじゃないかなって……。去年まではそこまで考えてなかったんです。でも今年だからこそ、そういうことを考えている僕らに、本物の方たちもなにか託してくれることもあるんじゃないかって思えた。つまり、エンターテインメントなんだけれど、そこにあるのは舞台の“小道具”や“形式”ではなくて──

ーー安倍晴明や陰陽道に繋がる真のピース、依り代のような“本当のなにか”。

そうそう。僕らが知らない作法とか秘儀……と軽卒に言っては怒られてしまいますね。でも、そうした裏付けを要所要所で取り入れられれば、自ずと安倍晴明のプラスαのパワーとなって、僕らの表現もお客様に受け取っていただけるモノも、明るさを増していくんじゃないかな。

ーーエンターテインメントに魂が動かされ気持ちが上がっていく人々。「祈り」と「芸能」の結びつき。その思いはある意味、人々の心を芸事で救う役者の原点ですね。

神楽や神道の行事、神様に見せるモノとしての日本の芸能と僕らの仕事は今でも本来密接に繋がっていますが、いつしか物質社会の中でモノとかお金とか、表面的なところに意識が向いてしまっていた。でも今回コロナのことがあって……本当に大変な思いをされている方もたくさんいらっしゃいますから、一概に良い・悪いでは語れないですが、僕は「もしかしたらちょっと自分たちも気づかなきゃいけないことがあるんじゃないか」という気持ちになれた。この1年は本当に自分でも気づかないうちに悶々とした気持ちになっていて、普段はそういうの全然大丈夫なはずの僕ですらもちょっとそっちに引っ張られていました。そんな世の中の空気を少しでも明るいモノにしてもらえるきっかけに、この作品がなれればなって。

どんなに元気で楽しく生きていても、これだけ不安なムードが漂った世界にいると気持ちが淀んできますよね。でもマイナスがあれば絶対プラスもあるし、意識・無意識関係なく楽しくするのが僕らの仕事なんで、そこは直接ダイレクトにやりたい。フラッシュみたいに瞬間、眩しく光り輝いて、充満する邪気を祓う──じゃないけど、僕らは作品としてみなさんの心のちょっとしたターニングポイントでありたい。舞台で起きるなにかを観たその時、パンッとした光の一瞬でもいいからお客様の心にふとしたきっかけを投げ込んで……あとはみなさん自身の発電力で明るくなってもらって。そうして2020年を包むこの空気を変え、新たな思いで2021年を迎えて欲しいです。

ーーエンターテインメントが開く突破口。

結局人間って、見えないモノに希望を持ったりワクワクしたり幸せを感じたりするんですよね。同時に見えないものに不安を感じたり落ち込んだりもするけど、簡単に言ってしまえばどちらにしても見えないんだから(笑)、そんなの考え方ひとつ。日本の人って「ムード」に弱いところがありますよね。でもそれってすごく怖くて……空気を読みすぎる、気を使っちゃう、流される。しんどいですよ。だったら、どうせ見えないなら少しでも良い方にエネルギーを膨らませたら良いんじゃないかなって、僕は思います。
大沢たかお
大沢たかお

ーーでは大沢さんにとって生の舞台、劇場で演じることとは?

劇場って僕は特殊な場所だなと思います。時には悪魔もやるし天使もやるし、人が死ぬことも、憎しみや悲しみ、恨みつらみの話もたくさんある。実話も古典も扱いますし、楽しいだけじゃない、人間のいろんな情念みたいなモノを僕らは表現する。劇場には確実に“そういうモノ”が染み込んでいて……そこには絶対なにかしらが降りてくるので、その扱いを間違えてはいけない。だからやっぱりね、あんまり舞台をやりたくないっていう気持ちになるんです(笑)。心の準備と身体の準備をしっかりやって、そこに潜んでいる以上のパワーを放出しなければ……立ち向かえない。だからこそ、丁寧に大胆にトライするんですけどね。

ーー大晦日から新年1月6日までの公演。前例のないステージで迎える年越し。大沢さんの安倍晴明が放つであろう“本物”のパワーに期待が膨らみます。

あの、年越しそばってなんで食べるか知ってます? 昔からみんな年越しそばを食べるけど、実は蕎麦って……十割のやつね、ものすごく解毒作用があるんですって。それをなぜか江戸の人たちはわかっていて、で、年末にそばを食べて毒を出して新年を迎えようっていう習慣が始まりだったらしいんです。今じゃよくその理由を「細く長く」なんて言うけど、全っ然違う!

ーー「細く長く生きられるように」。ただのイメージでしたね。

ホント、今は見た目ばっかり(笑)。それと一緒でね、この作品でも見えているモノを違う側面で見えないところから捉えたらどうなるのかなというのが大きなテーマ。それも、あくまでもスピリチュアルではなくて、エンターテインメントとして。イリュージョンを使って、ファンタジーを使って、でもそこにある「実」を捉えていく。僕はどんな作品でも、テーマがなんであれ、観ていただく方にサプライズを届けるのが大好き。劇場でもテレビの前でも「おお~っ」って言ってもらうの、楽しいじゃないですか! そのためにカラダ作りや調べ物、いろんな準備をして挑むのも好きなんです。でもこういう時期なので、ただ見た目やイメージでの「おお~っ」だけでは足りない。「なんか楽しかったね」で終わりじゃない、もう一歩踏み込んだところへの挑戦。やってみなきゃ分からない表現で駆け抜けたいです。
大沢たかお
大沢たかお

取材・文=横澤由香 撮影=福岡諒祠

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ