【コロナ終息を願って】来年こそは行きたいドイツのクリスマスマーケット5選

GOTRIP!

コロナウィルスの感染拡大により、ほとんどの都市でクリスマスマーケットが中止となってしまったドイツ。夏に感染者数が減少した際には「もしかしたら開催できるかも」と期待をしていた筆者ですが、ドイツをはじめとするヨーロッパでは秋から再び感染者が増加。感染対策が十分に取れないという理由でドイツ国内各都市からクリスマスマーケット中止の知らせが届いた時は、本当に残念な気持ちでした。

そして現在も旅行を目的としたドイツへの渡航は出来ない状況。読者の皆さんの中にも、「今年のクリスマスはドイツで過ごす予定だったけれど、中止になってしまった」という方がいるかもしれません。

ずっと前から計画していた旅行が取り消しになったのは悲しいですが、コロナワクチン開発のニュースが流れてくるなど、希望が見えてきたのも事実。

そこで来年の今頃には事態が収束している事を願って、来年冬こそは訪れたいドイツのクリスマスマーケットを5ヵ所紹介します。

フランクフルト


まず紹介するのは、ドイツの玄関口でもあるフランクフルトのクリスマスマーケット。

ドイツ全土で2500ヵ所以上あると言われているクリスマスマーケットですが、その中でもフランクフルトは最古といわれる場所のひとつ。1393年にはクリスマスマーケットの原型となるマルクトが、クリスマスの時期に開催されていたのだそうです。



市庁舎や木組みの家に囲まれたレーマー広場の会場には、巨大なツリーやレトロなメリーゴーラウンドが登場。大人も童心に還ってどこか懐かしい気分に浸りながら、クリスマススの雰囲気を楽しめます。

ドレスデン



ドイツ3大クリスマスマーケットのひとつでもあるドレスデン。市内数ヵ所にマーケットが開かれますが、特に注目すべきはアルトマルクトで開催される「シュトリーツェルマルクト」でしょう。



1434年から続いているというシュトリーツェルマルクトは、フランクフルトと同様にドイツ最古のクリスマスマーケットのひとつ。会場全体が煌びやかな光につつまれ、華やかな雰囲気に心躍るようです。

シュトリーツェルマルクトのほか、中世のクリスマスマーケットや約3トンの巨体シュトレンが町を練り歩く「シュトレン祭り」も見逃せないドレスデン。



シュトレン祭りではバロック衣装に身を包んだ人々が町中にあふれ、まるで過去にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。

エアフルト



クリスマスマーケットとしての知名度はそこまで高くないものの、一度訪れたら忘れられないくらい美しいのがエアフルト。ライトアップされた大聖堂が荘厳な空気感をつくり出し、マーケット全体が厳かな雰囲気に包まれています。



カラフルな巨大観覧車は、特に目を引くアトラクションのひとつ。このほか巨大ピラミッドやツリーがクリスマスの彩を添え、訪れる人々を幻想的な世界へと誘います。

ヴェルニゲローデ



ハルツ地方の小さな町ヴェルニゲローデで開催されるクリスマスマーケットは、まさに絵本から飛び出してきた「おとぎの国」。ただでさえ可愛い外観の市庁舎が背景となり、どこか素朴で温かみのあるイルミネーションに気持ちもホッコリです。



他の都市にくらべるとかなり小ぢんまりしていますが、「ドイツの小都市のクリスマスマーケットを訪れてみたい」という人には特におすすめ。



ハルツ地方ではほかにも、ゴスラーやクヴェトリンブルクといった小さな町の旧市街でクリスマスマーケットが開催されます。どこもメルヘンチックな可愛さと小さな町ならではのアットホームさが特徴。ヴェルニゲローデと併せてぜひ訪れてみてください。

エスリンゲン



最後に紹介するのは、シュトゥットガルトからすぐ近くにあるエスリンゲンのクリスマスマーケット。ここでは通常のマーケットのとなりに、他とはひと味違う「中世のクリスマスマーケット」が開催されます。



中世のマーケットだけあり、お店に並ぶ商品も角の形をしたカップやはちみつワイン、毛皮など中世ならでは。ライトの代わりにランタンやロウソクを点けている所も多く、雰囲気もどこか独特です。



鍛冶屋や鋳物職人、印刷職人など、中世の職人たちが工房を構え、職人技を披露してくれるのも中世のクリスマスマーケットの特徴。現代では機械任せになってしまったこれらの行程が、当時はどの様に行われていたのかを間近で観察できます。

このほか週末には、道化師の行進や音楽演奏といったイベントも目白押し。平日に比べて込み合いますが、これらイベント目当てに訪れる価値は十分にありますよ。

会場全体が華やかに彩られるドイツのクリスマスマーケットから、「来年こそは行けますように」との思いを込めて5ヵ所を紹介しました。紹介したほかにも素敵なマーケットが沢山あるので、今のうちから候補先を探してみてもいいかもしれませんね。

来年こそは状況が落ち着き、ドイツでもクリスマスマーケットをはじめとする様々イベントがまた開催される事を願うばかりです。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

当記事はGOTRIP!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ