寒暖差がお肌にダメージ!美容家 岡本静香さんがリアルにしている“寒暖差”肌荒れケアと編集部オススメアイテムはこれ!

Woman Wellness Online


近年、湿度の差のみならず、気温の差、つまり“寒暖差”が肌荒れの大きな要因の1つになるということがわかってきました。“寒暖差”のダメージからお肌を守るにはどんな対策があるのでしょうか? 様々な美容メディアのベストコスメ審査員も務め、心地よいライフスタイルで健康的な美肌を作るためのアドバイスに定評のある美容家 岡本静香さんが実践している寒暖差スキンケアテクニックを伺いました。編集部おすすめの寒暖差対策アイテムもご紹介します!

岡本静香さんが実践する「寒暖差」対策


まず岡本さんが実践している寒暖差対策は、天気予報のチェックだそう。

「天気予報を必ずサイトでチェックして、湿度が低い日は特に加湿器の湿度を上げるなど、調整するようにしています。自宅では空気清浄もできる加湿器を使用し、冬は湿度70%に設定しています。
湿度だけでなく、急激な気温差でも、肌のカスパーゼ14という成分が減少してしまい、肌のキメが乱れ、肌自体の持つ天然保湿成分の産生も妨げられてしまうので、気温も意識しています。肌の状態も体調も気候に大きく左右されるので、その日の気候は強く意識します。」

湿度だけではなく、気温を確認するのはそんな理由があるんですね。

スキンケア対策としては、巡りを大切にしているそうです。

「スキンケアをするうえで、血流、リンパ液などを“めぐらせること”を意識しています。そのために、“温めながら保湿”を心掛けています。洗面所でスキンケアに取り掛かる際、まずスチーマーで温かいスチームを当てます。保湿だけではなく温めながら、がポイント。スチームをあてながら、導入美容液、化粧水まで塗ります。スチーマーがなくても、ホットタオルを使うのでもいいでしょう。お風呂上りの洗面所は、お風呂の中と寒暖差が出てしまうので、極端な寒暖差で肌にストレスをかけないよう、洗面所にヒーターを置いています。もしくは、スキンケアを洗面所でなく温かい部屋で行うようにするのでもいいと思います。」

寝るときの対策としては、乾燥を防ぐために暖房をあまりつけないようにしているんだとか。

出典: 資生堂ジャパン株式会社

日常生活でも寒暖差を作らないよう徹底しているようで、

「日常生活では、ニットの下には保温性の高い肌着を必ずつけるようにしています。また、シルク製の足の甲までの長さの5本指ソックスを、タイツを履く前に履いています。シルクは保温性・保湿性に優れ、またかさばらないことからタイツの下に1枚履いているのが外からわかりません。ベージュのソックスを黒タイツの下に履きます。指1本1本を覆うことで、足元から気化熱が奪われて冷えてしまうのを防ぐことができます。この対策で足の冷えがだいぶ解消しました。」

と対策を教えていただきました。

編集部がおすすめする「寒暖差」対策アイテム3選


■d プログラム カンダンバリアエッセンス 40mL 3,300円(税込)
d プログラム
出典: d プログラム

暑いときも、寒いときも、うるおいバランスを整え、どんな時でも揺るがない滑らかな素肌を保つための敏感肌用保湿美容液。名前のとおり、寒暖差による肌ダメージ対策の美容液として使用できます。ケアの前にブースターとして使用すると、その後の化粧水がより届きやすくなります。岡本さんも愛用しているそうです。肌自体が作り出す天然の保湿成分を作りやすくしてくれる機能に注目です。

■再春館製薬所 養生薬湯(ようじょうやくとう)30包 7,700円(税込)
養生薬湯
出典: 再春館製薬所

美容家や美容メディア編集部の間でとても話題の独自処方の生薬100%薬用入浴剤「養生薬湯」。編集部では、家族で愛用しており、70代の父母も「このお風呂に入るとすごく暖まる」と大絶賛しています。独特な匂いで、肩こり・腰痛などの痛みに役立つ防已(ボウイ)や日本人にもなじみ深いミカン果皮を乾燥させた陳皮(チンピ)などの6種類の生薬の全てが有効成分として働き、体内の“水”がバランスよくスムーズに流れることで温浴効果を高め、体を芯から温めます。冷えない体作りにぜひ取り入れてみてほしいアイテムです。

■山田養蜂場 プロポリスリッチスプレー 30ml 3,700円
山田養蜂場
出典: 山田養蜂場

プロポリスの有用成分と40種類の天然由来素材を配合したスプレー。喉にシュッとひと吹きすればOKなので、お手軽でお守りコスメとしても注目されています。乾燥が気になる時季、季節の変わり目の体調管理を「守る力」がサポートしてくれます。

効率的なアイテムを使って、寒暖差から守れる体を作っていきたいですね。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ