【先ヨミ】福山雅治『AKIRA』が114,942枚でアルバム首位走行中 ミスチル、うたプリドラマCDが続く

Billboard JAPAN



 今週のCDアルバム売上レポートから2020年12月7日~12月9日の集計が明らかとなり、福山雅治の『AKIRA』が114,942枚を売り上げて首位を走っている。

本作は福山雅治の音楽デビュー30周年を記念した約6年8か月ぶりとなるオリジナル・アルバムで、ドラマ『♯リモラブ ~普通の恋は邪道~』の主題歌「心音」や、劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の主題歌「零 -ZERO-」など、全17曲が収録されている。現在2位以下に10万枚近く差をつけて1位を走っている。

2位は、2020年12月14日付(集計期間:2020年11月30日~12月6日)のアルバム・セールス・チャートで1位を獲得したMr.Childrenの『SOUNDTRACKS』。リリース2週目に突入した当速報でも18,762枚を売り上げ、トップ3をキープしている。続いて、『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』シリーズの最新ドラマCDが、9,935枚を売り上げ現在3位を走っている。

4位には、SF9の日本3rdアルバム『GOLDEN ECHO』が登場。本作には韓国で7月に発表されたミニ・アルバム『9loryUS』のタイトル曲「Summer Breeze」の日本語ver.など、計10曲の日本語曲が収録されている。また新曲の「See U Tomorrow -Jpanese ver.-」は、IMALUが訳詞を手掛けている。

スマッシュヒットを記録している宮本浩次の『ROMANCE』は、リリース4週目となる当週前半も5位をマーク。累計売上枚数は99,423枚と、10万枚の大台に大手をかけた。

◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2020年12月7日~12月9日)
1位『AKIRA』福山雅治(114,942枚)
2位『SOUNDTRACKS』Mr.Children(18,762枚)
3位『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live ドラマCD 「饗宴の奏鳴曲(ソナタ)」』(9,935枚)
4位『GOLDEN ECHO』SF9(8,942枚)
5位『ROMANCE』宮本浩次(7,581枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ