祖父母に会えない子ども達が集結 思いを綴った歌で「バーチャル・ハグ」を届ける(英)<動画あり>

コロナ禍で遠くに住む祖父母に会えない寂しさを抱く子ども達が、その思いを歌に込めることにした。オリジナルの歌詞を考えてアレンジした40年前のヒット曲を、子ども達だけで演奏、収録、配信までやり遂げたという。原曲タイトルに「バーチャル・ハグ」の文字を付け加え、遠くに住む祖父母にハグを届けたと『Mirror』などが伝えている。

イギリスでは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、遠くに暮らす家族や親戚に会うことができず、クリスマスシーズンを迎えたものの寂しい思いをしている人が多くいる。ウェスト・ヨークシャー州リーズにある音楽スクール「LS18 rocks」に通うアビー・ワーナーちゃん(Abby Warner、14)も、祖母に長いこと会えず寂しさを抱いていた。

「今年の2月から、約160キロ(100マイル)離れた場所に住むおじいちゃんとおばあちゃんに会うことができていないの。もう片方のおじいちゃんとおばあちゃんは近くに住んでいるけれど、それでも8月から会えていないわ」とアビーちゃんは会えない現状に不満を漏らしている。

多くの生徒から同じような声を耳にしたLS18 rocksの音楽ディレクター、ジョニー・ハンさん(Jonnie Khan)は「若い子達は1980年のヒットソング『There’s No One Quite Like Grandma』を聴いたことがないけれど、何かアッと驚くものができるのではないかという提案があったんです。そこで私達は、上手く歌詞を書けるか生徒達に課題を出してみました。するとアビーが皆の気持ちをうまく表現した歌詞を思いつき、ジミー・ノース君(Jimmy North、14)が手を加えて完成させたのです」と企画の経緯を明かした。

原曲は英北西部グレーター・マンチェスターのストックポートで活動していた聖ウィニフレッドの小学校の合唱団(St Winifred's School Choir)が歌ったもので、当時の英ヒットチャートではジョン・レノンの『Happy Xmas(War Is Over)』を抑えてナンバーワンに躍り出た。アビーちゃんはアレンジされたこの曲に「おばあちゃん達のハグが恋しいよ。クリスマスには会えたらいいな」などの歌詞をつけ、寂しさを綴った。

アビーちゃんはLS18 rocksに通い、同じ境遇に置かれている6~14歳の生徒達と力を合わせて曲の演奏、収録、リリースまで大人の力は借りずに作り上げた。アビーちゃんは「『物理的に寄り添うことはできないけれど、心は寄り添っている』という考えで曲を作りました。おばあちゃん達はこの歌を聴いて目に涙を浮かべていました。私達はどれだけおばあちゃん達が大好きなのかをただ伝えたかったの」と企画への思いを明かした。

同スクールは今年の3月からオンライン授業しか行われておらず一度に全員で集まることができなかったため、Zoomを使いリモートで収録が行われた。ベース担当として参加したオリ・ジーヴス君(Oli Jeeves、12)は「クリスマスにおじいちゃんやおばあちゃんとハグができればそれで十分なんだけど、叶いそうにもないよ。この曲をおじいちゃんとおばあちゃんのために作り、バーチャルでハグを送ることが、直接ハグすることの次にできる最善の方法なんだ。おじいちゃんやおばあちゃんもこの曲が好きで、最初にビデオで演奏を見た時は泣いていたよ」と祖父母へ思いを伝えられたことに喜んでいる。

今回の曲『Virtual Hugs(There’s No One Quite Like Grandma)』は今月1日にYouTubeにアップされ、今月11日にはSpotify、iTunes、Apple Musicなどで公式に配信される予定だ。楽曲の配信により発生した利益は、孤独と闘う高齢者の支援を行うチャリティ団体に寄付されるという。

画像は『Mirror 2020年12月4日付「Kids missing grandparents sing Christmas hit ‘There’s No One Quite Like Grandma’」』『Daily Express 2020年11月25日付「Rock school kids’ ‘Virtual Hugs’ to cheer Granny in festive lockdown」(Image: LS18 Rocks)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ