マツコ、自宅が荒れ放題で引っ越しを決意「あの家はあきらめた、終了です」

※画像は、『マツコ&有吉 かりそめ天国』公式サイトのスクリーンショット

 

12月4日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、自宅で使用することも多いベッドや布団、こたつに関して議論が交わされ、MCのマツコ・デラックスが現在の自宅を自らこき下ろし、有吉弘行も笑いが止まらなくなった。

 

マツコ「あの家はあきらめた、終了です」

視聴者メールにて「普段はベッド派なのですが、引っ越しの荷物受け渡しのタイミングが合わず、仕方なく敷き布団で寝たところ寝心地が悪くなく、畳むと部屋も広くなるし、布団最高!と思いました」というものが紹介される。これに対し有吉は「今は布団でも、ベッドがやっぱりいいって思う日がまた来るよね」と冷静に分析すればマツコも「布団で寝てると、あげるのが面倒くさくなる日が来るから」と同意し「ずっとあげないで、布団の万年床やってみ、絶対カビ生えてくるから。ベッドならそれ回避できるじゃん」と付け加えていた。

 

そして有吉は「こたつもそうだよね。こたつ最高!と思っても、こたつどけてカーペットにすると『やっぱりこたつない方が良いよね、邪魔だよね』ってなるから」と例えを出し、これに対しマツコは「私も前こたつ買ったけど、結局1年しか使ってなくて、翌年出さなかったもん。出すと邪魔になるのよ。今年はもうこたつ出せるスペースが無くて、家荒れ放題だから」と語る。ここで有吉は「マツコさん家、ゴミ屋敷だもんね」とポツリ一言。マツコは「ゴミ屋敷違うわ!片づけられないオカマなの!」とツッコみ、笑わせる。しかしながら「もう引っ越すの!あの家はあきらめた。終了です。臨界点超えた」と続け、有吉は「次は窓開くところにしてよ」と注文を付けていた。

 

マツコは「(現在の自宅は)テレビで見せようかと思ったくらい面白い仕上がりになってるよ。でも、見せると何かを失うから見せないけどね。ドア開けた途端ゲンナリするから」と話し、有吉も「掃除するよりは、引っ越して心機一転の方がいいよね」とマツコの引っ越しを後押ししていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ