故チャドウィック・ボーズマン、【MTV Movie & TV Awards】特番でマーベル仲間が追悼

Billboard JAPAN



2020年12月6日に放送された特別番組【MTV Movie & TV Awards: Greatest of All Time】で、俳優のロバート・ダウニー・ジュニアとドン・チードルが、8月に亡くなったマーベル仲間、故チャドウィック・ボーズマンに敬意を表した。

この特番でMTVは、“スクリーン上における勇敢さはもとより、オフスクリーンでも真のヒーローだったスターを褒め称える”<Hero for the Ages>の称号をボーズマンに贈った。『ブラックパンサー』のティ・チャラ/ブラックパンサー役を務めた彼は、大腸がんとの闘病の末8月28日に永眠した。

ボーズマンについてダウニーは、「彼のエネルギーと激しさは否定しようがありませんでした」と回顧しつつ、「スーパーヒーローでいるということの意味を正直に体現していました」と追悼した。チードルも、「彼がセットに登場するたびに、そこにいる全ての人を鼓舞し、影響を与えました。役を演じるたびに多くの新しいファンを生み出しました。彼の仕事、そして人としての彼自身への愛を通じて人々を一つにするという、信じられないような力を彼は持っていました。彼の生き方は、より高い目標のために人々を結束させ、それが彼のレガシーになるのです」と称えた。ダウニーは、ボーズマンによる慈善活動や、がん患者への支援活動にも触れた。

チードルはさらに、「チャドウィックはブラック・パンサーとして永遠に記憶されますが、彼はまた、世界を変えた象徴的で影響力のあった実在した男たちを素晴らしく力強い筆致で描き出しました。伝説的な人物を演じる際、人間らしさと真実味を加えながら、彼らの記憶に敬意を表するやり方で表現しました」と述べた。ボーズマンは、『マーシャル 法廷を変えた男』のサーグッド・マーシャル役や、『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男/Get on Up』のジェームス・ブラウン役、『42~世界を変えた男~』のジャッキー・ロビンソン役などの評価も高かった。

【MTV Movie & TV Awards: Greatest of All Time】は、毎年行われていた【MTV Movie & TV Awards】授賞式の代わりに放送され、ほかにもケヴィン・ベーコンやドリュー・バリモアをはじめとするスター数名が表彰された。通常の授賞式は来年5月に再開されると番組の最後に発表されている。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ