新春ドラマ『人生最高の贈りもの』 石原さとみの父親役に寺尾聰&夫役に向井理

クランクイン!

 女優の石原さとみが主演し、脚本家の岡田惠和と初タッグを組む新春ドラマスペシャル『人生最高の贈りもの』(テレビ東京/2021年1月4日20時放送)の追加キャストとして、寺尾聰、向井理らの出演が発表された。

本作は、余命宣告を受けた一人の女性と、彼女を取り巻く家族の絆を描く、岡田惠和のオリジナル脚本によるヒューマンドラマ。石原と岡田が初めてタッグを組み、監督は、60年以上の演出キャリアを誇り、日本テレビ時代には『池中玄太』シリーズや『新宿鮫』シリーズなど数多くのドラマを手掛けた石橋冠が務める。

東京・豊島区の小さな洋館に、元大学講師の翻訳家・笹井亮介は暮らしている。妻に先立たれ、独り暮らし。そこへある日、長野県・安曇野ののどかな町で夫と暮らしていた一人娘・ゆり子(石原)が帰ってきた。突然の帰省に驚く亮介は理由を尋ねるが、ゆり子は語ろうとしない。分かったのは家にいる期間を決めていないということだけだった。これまで「父と娘」の会話をろくにしてこなかったため、2人の間にはぎこちない雰囲気が漂う。こうして始まった父と娘の2人暮らし。緊張しつつも温かく穏やかに過ぎていくが、実は娘の人生に残された時間はわずかだった…。

寺尾が演じるのは、ゆり子の父親の亮介役。妻に先立たれ、小さな洋館に一人で暮らす亮介は、家事も料理も完璧にこなすが、仕事は自由奔放で締め切りほとんど守らないという役どころだ。寺尾は、「『余命幾ばくもない娘とその父親』という、胸を鷲掴みにされるような状況や、『親子』の絆をどう表現したらよいか難しくもありましたが、見てくれる人の胸をギュッと掴む演出をしてくれる石橋監督に応えるように、私たち俳優陣も精一杯演じたので、お客さんの期待にこたえられるだけのものができあがるというふうに確信しています」とコメントした。

そして、亮介の元教え子で、英語教師のゆり子の夫・田渕繁行役には、今年役者生活15年目を迎えた向井が決定。向井は、「(石原が)とても説得力のあるお芝居を自然にされていて、僕自身も自然と田渕繁之を演じることができました」と撮影を振り返った。

そのほか、亮介の担当編集者の野村役を勝地涼、亮介の“ご近所さん”原口光代役をキムラ緑子、亮介の古くからの友人・田辺正一役を角野卓造が務めることも発表された。

新春ドラマスペシャル『人生最高の贈りもの』は、テレビ東京系にて2021年1月4日20時放送。

<コメント全文>
■寺尾聰(笹井亮介役)
台本を読んでみて、俳優という仕事をしていてもそうしょっちゅう出会えるわけじゃない、10年に一本出会えたらラッキーだというくらい良いシナリオで、久しぶりに鼻をすすったし、読みごたえを感じました。いま日本で本当にトップ中のトップの岡田惠和さんという作家と仕事ができるのが嬉しいです。そして、石橋冠(監督)という、日本のテレビドラマ界で特質すべき素晴らしい監督とこの作品で再会できた事も非常に嬉しく、この作家(岡田)とこの監督(石橋)のタッグと考えたときに、どんな役でもこのドラマに出たいなと思ったし、僕にとっていろんな意味で他の作品とはちょっと違う思いが込められています。石原さんは以前から、「どんな女優さんかな?」と注目していたので、今回初共演で親子役と聞いて、一緒に芝居をできることを楽しみにしていました。実際にやってみると、とてもよかった。表情も豊かで、演技も自然だった。やってるうちに「本当の父娘」のような気がしてくるほどでしたね。特番ドラマという限られた時間や制約がある環境下で、「余命幾ばくもない娘とその父親」という、胸を鷲掴みにされるような状況や「親子」の絆をどう表現したらよいか難しくもありましたが、見てくれる人の胸をギュッと掴む演出をしてくれる石橋監督に応えるように私たち俳優陣も精一杯演じたので、お客さんの期待にこたえられるだけのものができあがるというふうに確信しています。このドラマを見たドラマファンのお客さんに、作品のタイトル通り「これが最高の贈りものですよ」って渡したいな、そんな風に思えるドラマです。

■向井理(田渕繁行役)
はじめて台本を読んだとき、少しファンタジーのような印象で、現実的な話なのにどこかメルヘンチックな感じがしました。視聴者のみなさんに、お芝居を通して親子の関係や夫婦の関係、それぞれの関係を伝え、この作品の何か不思議なあたたかさを感じてもらえたらいいなと思います。僕は見るのもお芝居するのも今回のようなヒューマンドラマが好きなので、その分難しかったです。ただ台本を読んでいけば成立するものじゃなくて、いろんなシーンの積み重ねで出来上がるものなので、本当にチームプレーだなと思いました。石原さんとご一緒するのは初めてだったんですが、本読みの時から話しやすいと感じていましたし、不安はあまりなかったです。とても説得力のあるお芝居を自然にされていて、僕自身も自然と田渕繁之を演じることができました。

■勝地涼(野村役)
脚本・岡田さんの書くセリフ、設定も含め、全キャラクターが愛すべきキャラクターで、こういうことって忘れてはいけないなと感じるものが詰まってる作品です。石橋冠監督という伝説の監督とご一緒できることもそうですし、この作品に関わることができて嬉しく思います。監督は本当にドラマというものが好きで、芝居というものが好きでいらっしゃるんだなと感じました。全スタッフに対してもそうですけど、ひとつのカットに対しても役者にたいしても、全部に愛情を持っていらっしゃるから、現場は常に幸せな時間でした。野村を演じるにあたっては、面白いセリフもいっぱいあるけれど笑わせるのではなくて、ほっこりするような、箸休め的な存在になれればと心がけたつもりです。笑いのバランスは難しかったですが、野村と緑子さん演じる光代さんとの掛け合いを楽しんでほしいです。この懐かしいホームドラマ感を多くの方に届けたいと思います。ドラマでは描かれていない部分のいろんなエピソードを知りたくなるような、2時間だけではもったいない、ほんとに贅沢なドラマです!

■キムラ緑子(原口光代役)
はじめて台本を読んだとき、こんな優しさってあるのかなってくらいの「超がつく」優しさを感じて、本当にいいお話だなと思いました。ちょっと胸が痛いけどいい痛さというか、、、。ご覧くださる方が大切な誰かのことを考えたり思い出したりする時間になればいいなと思います。(出演者が)少人数のドラマで、さとみちゃん、勝地くん、寺尾さんとたっぷり共に居られたことが嬉しかったし、寺尾さんのお宝体験談を聞かせてもらえることも幸せな時間でした。石橋監督は初めてお会いしましたが、やさしくてチャーミングで愛あふれる監督さんだと思いました。お会いできて良かったです。またご一緒できたら嬉しいです。

■角野卓造(田辺正一役)
最近、心温まるというか、本当に心に染みてくるドラマがあんまりないような気がするので、こうした作品に参加させていただくのはとっても嬉しいことです。
出演者はそんなに多くないし、割と語らない、本音をすぐに言ってしまわないところにこのドラマの良さがあるなと思います。そこが大好きなので、そういったところを楽しんでいただければと思います。私はそういうタイプの人間ではありませんが、、、(笑)。

■田淵俊彦プロデューサー(テレビ東京制作局)
愛しくてせつない「父と娘」の会話、表情を楽しんで頂きたい。
私には娘がいる。その娘に最近、疎まれているのではないかと恐れている。小学生の頃まではハグしても平気で、逆に喜んでくれていたのに……もしかしたら嫌われているのではないか……そんな被害妄想は日々膨らむばかりだ。そんな父親は世の中に多いのかもしれない。ゆり子の「お父さん、私のこと苦手だから」は、我が家では「お父さん、私のこと本当に好きなの?」である。亮介がつぶやく「ダメな父親だ」「情ない」は、娘との会話をしくじった時に私が思うそのままだ。ゆり子は「父親に『お前ならできる! 頑張れ!!』と言ってほしかった」と訴えるが、そんなことを言ったら「嫌味だ」と思われるのではないかと深読みしてしまう。「私はこれからいい父親になれるのかな……」と嘆く亮介に「なれる! 大丈夫」と自分自身に言い聞かせるように心の中で答えている。このドラマにはそんなリアルでせつない父娘の会話が散りばめられていて、身につまされる。それでいて、なぜかとっても愛しくあったかな気持ちになる。それは間違いなく岡田脚本のマジックではあるが、寺尾聰さんの亮介にはその「マジック」を「奇跡」に変えてしまうほどの力がある。今回のドラマの大きな見どころの一つは石原さとみさんの「泣き笑い」の顔だが、それに応える寺尾さんの表情が変幻自在で素晴らしい。またそんな父と娘を取り巻くキャストの皆さんが見事である。父娘を見守るような向井さんの感情を抑えた表現。キムラさん、勝地さん、角野さんのそれぞれの役柄の持ち場を充分に理解し、最大限に表現する職人芸のような至極の演技。新しい年の幕開けに、じっくりと堪能していただきたい。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ