千鳥・大悟、草薙航基と焼肉に行った際に放った名言にスタジオ苦笑い

テレビドガッチ

12月8日の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜22:00~)は、「その瞬間キュンです」の第2弾が放送される。足立梨花、河北麻友子、中村静香、生見愛瑠、野呂佳代、堀田茜、峯岸みなみが、思わず胸キュンした男性共演者とのエピソードをイケメンタレントで完全ドラマ化して紹介する。

漫才、トーク、ロケ、どれを取っても一級品で、現在のお笑い界を引っ張るMCの博多華丸・大吉と千鳥が、ゲストのテッパン(=絶対に面白い)話を聞き出していくトークバラエティ。

峯岸は自分の20歳の誕生日パーティに駆け付けたある芸人が、帰り際に峯岸に告げた胸キュンフレーズを紹介。女性陣の共感とは対照的に、「むちゃくちゃだと思います」と語るノブをはじめ男性陣は納得できない様子だが、はたしてその内容とは?

堀田は「本気で好きになりかけた」という超レディファーストな芸人とのエピソードを紹介し、本人がスタジオに登場する。計算高そうな言動に「仲良くなれるタイプの芸人ではない」(博多大吉)、「ワシあんまり好きじゃないかも」(大悟)と、登場前は男性陣から不評だったが、ニコニコ笑顔で現れた本人を見て全員大爆笑。ノブも「急にいい意味になってきた」と語るその相手とは?

河北は、偶然同じ店にいた人気芸人が食事をおごってくれたイケメンエピソードを紹介。全員の共感を集めるなか、コーナーMCのかまいたち・山内健司は、ノブから食事をおごってもらった際のエピソードを明かすが……。そして先日結婚を発表した野呂が、舞台稽古中にキザなフレーズを発した芸人を紹介するが、大悟は「誰もキュンときていない」と全員が納得いっていない様子。芸人から言われた忘れられない一言の話題になると、宮下草薙の草薙航基が大悟と焼き肉に行った際の“名言”を紹介するが、その内容に全員苦笑いする。

めるること生見は、バラエティで共演した漫才師とのエピソードを紹介するが、男性陣はドン引き! うれしそうなめるるに対し、大吉は「しばらく(彼で)笑えない」とバッサリ。中村は、最初は好印象ではなかった芸人が見せた芸人魂に胸キュンしたエピソードを紹介するが、野呂がその芸人と話したという後日談にスタジオは爆笑となる。足立は番組の収録終わりの打ち上げで起きた、ある芸人との胸キュンエピソードを紹介。それを聞いたノブが「それをするために芸能界に入った」ということとは?

最後に、ノブが相方の大悟が見せた意外なギャップに対して、キュンとなったエピソードを明かす。

なお先週の放送は、小林幸子、石原良純、JO1(與那城奨、河野純喜)らをゲストに迎え、「多数派を当てなきゃ沼に沈む!2択国民審判」が行われた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ