三谷幸喜「後悔はさせません!」『23階の笑い』舞台写真&初日コメント到着

ウレぴあ総研

2020年最後を飾るシス・カンパニー公演『23階の笑い』が、12月5日に世田谷パブリックシアター(東京・三軒茶屋) にて開幕した。

本作の作者ニール・サイモンは、長きにわたり全世界で愛されてきた喜劇作家であり、脚本家・三谷幸喜の原点を知る上で欠かせない存在として知られているコメディ界の巨星。

その敬愛の念が強いがゆえに、2013年上演の『ロスト・イン・ヨンカーズ』まで、ニール・サイモン戯曲演出に踏み切れなかったという三谷だったが、この度、その2作目の演出作として7年ぶりに本作に取り組んだ。

物語の時代背景は1950年代のテレビ業界の裏側。作品に自伝的要素を盛り込んできたニール・サイモンらしく、この作品にも、彼が実際に大物コメディアン、シド・シーザーの下で放送作家・コメディ作家として下積みの時期を過ごしていた体験がリアルに描かれている。

マンハッタンの高層ビルの23階に構えた事務所に行き交う放送作家たちが織り成す人間模様、人情の機微、そして何よりも渦巻く笑いの数々——。誰もが新しい生活様式を求められ、困難の時間を過ごしてきた2020年の最後を、温かな笑いで包む作品だ。

出演は瀬戸康史、松岡茉優、吉原光夫、小手伸也、鈴木浩介、梶原善、青木さやか、山崎一、浅野和之と、三谷作品常連のベテランから初めての参加となる面々まで、9名の功者が集結。

稽古期間中も常時マスクを身に着け、キャスト・スタッフ一丸となって感染防止対策をしながら作り上げられたという本作。会場でも客席の間にパーテーションを設置するなど徹底した感染症拡大防止対策を講じての上演となる。上演は12月27日(日)まで、世田谷パブリックシアターにて。全公演当日券の販売あり。

【三谷幸喜初日開幕後コメント】

ニール・サイモンの名前は知っていても、作品は観たことがないという人。

作品を観たことはあっても、笑ったことはないという人。 ぜひ劇場に来て下さい。

さんざん笑った後にちょっぴりしんみりして、最後は温かい気持ちで帰ることが出来る、

まるで僕が書いたような作品になっています。 後悔はさせません!

■公演情報

『23階の笑い』

作:ニール・サイモン

翻訳:徐賀世子

演出:三谷幸喜

出演:瀬戸康史 / 松岡茉優 / 吉原光夫 / 小手伸也 / 鈴木浩介 / 梶原善 / 青木さやか / 山崎一 / 浅野和之

2020年12月5日(土)~2020年12月27日(日)

会場:世田谷パブリックシアター(東京)

当日券情報:全ステージ、開演1時間前より劇場正面にて販売

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ