生田斗真ら出演『ほんとうのハウンド警部』(作:トム・ストッパード)をシス・カンパニーが上演

SPICE



シス・カンパニーは、2021年3月5日(金)~3月31日(水)、東京・Bunkamuraシアターコクーンにてイギリスの劇作家トム・ストッパードの戯曲『ほんとうのハウンド警部』を上演する。出演は、生田斗真吉原光夫趣里池谷のぶえ鈴木浩介峯村リエ山崎一。演出は小川絵梨子

『ほんとうのハウンド警部』は1968年にロンドン・クライテリオン劇場にて初演。「劇中劇」のからくりを、物理的にも心理的にも緻密に絡み合わせ、当時の観客の度肝を抜いたと言われる、斬新な戯曲。現代英国演劇界の至宝とも称されるストッパードのブラックでシニカルな感覚が冴え渡る。

シス・カンパニーは、これまでも『アルカディア』(2016年 栗山民也演出)、『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(2017年 小川絵梨子演出)と、ストッパード作品を上演してきたが、今回は、その『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』で互いに信頼を深め合ったという俳優・生田斗真と演出家・小川絵梨子が再びの顔合わせとなることも注目だ。

現実と虚構の狭間を、7名の個性溢れる実力派の役者陣が、どこか滑稽でシニカルでシュールな世界へと観客を誘うストッパードの真骨頂ともいうべき舞台に期待したい。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ