大泉洋の代表作はやっぱり『水曜どうでしょう』! 紅白司会前から「どうでしょうあるある」で大盛り上がり

wezzy


 大泉洋の2020年は、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。2月に主演映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』が公開され、人気ドラマ『ハケンの品格』第2シリーズでは、癖のある「東海林武」を13年ぶりに好演。12月11日からはこちらも主演の映画『新解釈・三國志』がスタートする。

しかも年の瀬には、なんと『NHK紅白歌合戦』の白組司会に大抜擢。ジャニーズタレント以外の紅白司会は13年ぶりだ。さらに2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の源頼朝役も決定したことが発表されている。

今でこそ全国的に知られる大泉洋だが、人気の火付け役は、地元である北海道テレビ(HTB)の深夜バラエティ番組『水曜どうでしょう』だ。今も『水曜どうでしょう』ファンの熱気は上がる一方で、大泉ファンの多くはこの番組の熱烈ファンでもある。一体どれほどの魅力があるのか、改めて振り返りたい。
大泉洋の始まりは『水曜どうでしょう』
 1996年10月にスタートしたこの番組は主に、鈴井貴之と大泉、ディレクターの藤村氏と嬉野氏が過酷な旅をするという内容。引いた絵ハガキの都道府県を巡る「日本全国絵ハガキの旅」や、移動手段をサイコロで決める「東京-札幌 サイコロの旅」、「四国八十八ヵ所」、原付バイクで旅をする「原付シリーズ」といった国内の企画をはじめ、「アメリカ合衆国横断」など海外に行くこともあった。

基本、低予算で作られているため派手な絵はほぼないものの、泊まれる宿がなく車中泊をするといったハプニングや、移動中に繰り広げられる4人の軽快なトークがウケ、人気番組に。大泉洋の知名度も一気に上がった。

今は個性派俳優として地位を確立した安田顕も『水曜どうでしょう』の一員。安田はHTBのマスコットキャラ「onちゃん」の“中の人”として登場することが多く、番組のテロップは「安田さん」の上にバツが被せられ「onちゃん」になっていた。

安田扮するonちゃんは、大泉から殴る蹴るなどの乱暴な扱いを受けたり、泥酔した安田がonちゃんのイメージを破壊するなどが印象的で、onちゃんグッズの売り上げ向上にも一役買っていたようだ。

『水曜どうでしょう』ファンは“あるある”で紅白司会を祝福
 そんな『水曜どうでしょう』から始まった大泉洋の紅白司会に、番組ファンたちは当然、大喜び。Twitter上では「# 大泉洋司会の紅白でありそうなこと」が広まり、“どうでしょうあるある”で盛り上がっていた。

<終了後そのまま拉致されてそのままサイコロの旅に行かされる>
<最後はしんみりとNHKホールの玄関を映しながら、大泉さんの腹太鼓>
<白組が勝てなかったらNHKホールからHTVまでバイクを使い日本海回りをして帰宅>
<どーもくんの中身は安田顕>

大泉洋は紅白司会という大役に<しゃべりすぎて年を越してしまうという失態だけを気をつけて命がけで頑張ります!>と、意気込みを寄せている。今年の紅白歌合戦は明るい年越しとなりそうだ。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ