「全額下ろして。」気付いたら残高0…スリムクラブ内間、衝撃の“思い出”を明かす


11月25日(水)、スリムクラブ・内間がTwitterを更新。「金欠の時に思い出す」という、かつての苦い思い出を振り返りました。

“残高0事件”を告白


出典: @wrkbOriZHwlpRM8

今回、内間は自身の身に起きた“残高0事件”を明かしました。

「昔、さっきまでキャッチの女性と一緒に飲んでいたのに、気が付いたら暗い路地裏に座っていた。」とのことで、女性とお酒を飲んでいたものの、いつの間にか暗い路地裏に座っていたという内間。「酒に何か盛られたか?」と疑うも、とりあえず帰ろうとしたと言います。

その後ATMでお金を下ろそうとしたところ、残高はまさかの0。これに「そこで思い出した。彼女の「全額下ろして。」の声が。」と、女性からの“悪魔の囁き”があったことを思い出したそうで、「やられた!」と当時の悔しさをにじませました。

このまさかの“残高0事件”について、「金欠の時に思い出す。」と振り返りました。

リモート取材中「ドキドキしてきた」


そんな内間は以前、Twitterにて“ドッキリ”のような展開に見舞われたことを明かしました。

リモート取材中に、「途中、スタッフさんがトイレのため席を外した。しばらく帰ってこない。かなりの時間が経過。」と、スタッフが席を外したまま戻らないという事態が発生。「もしやこれは「水曜日のダウンタウン」の待ち続ける説!? ドキドキしてきた。自信はある。」と『水曜日のダウンタウン』(TBS)のドッキリを期待するも、その後スタッフは何事もなく戻ってきたようで、実際は「ただの長いトイレだった」とのこと。

これにファンからは「常に気が抜けないのはプロ根性の証ですね!」など、感心の声が寄せられました。

今回の投稿では、そんな内間の苦い過去が明かされました。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ