高橋真麻、「少食化」は本当だった!?ステーキ店での所作は「異変の証拠」か

アサ芸プラス


 フリーアナ・高橋真麻といえば「爆裂バスト」と「大食い」。バストは今も健在だが、大食いはすっかり衰えたと真麻は告白している。

「10月9日のブログで誕生日に夫からごちそうすると言われたと明かしています。ところが、これといって食べたいものがなかったとか。《自分の欲…食欲、物欲が無くなっていることに驚くわけです》と以前の彼女からは想像もできないコメントをしています。特に食欲は減退したそうで、寂しがる一面も見せました」(週刊誌記者)

だがその後、カレーを2人前も食べたり、おやつと称してガッツリ飯を平らげていたことから、「食欲減退は嘘でしょ」「これでどこが欲が減ったというのか」とツッコミが殺到した。

まったく減っていないかと思われた真麻の食欲。ところが実際はやはり減っているのかもしれない。11月24日のブログでお気に入りのステーキ店を訪れたことを報告しているが、食べた量が以前より明らかに少ないのである。

「このステーキ店は父親の高橋英樹も常連。ほかにレスラーや格闘家など大食漢が集まることで知られています。ここで真麻は以前、2ポンド、約900グラムのヒレステーキをよく平らげていました。ところが今回真麻が食べたのはおそらくハーフポンド。量としては以前の4分の1。少食になったのは確かみたいですね」(前出・週刊誌記者)

テレビで大食いの様子を披露したことがある真麻。そんな彼女の姿が好きだったという男性は少なくない。ぜひふたたび、かつてのような健啖家ぶりをみせてほしいものだ。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ