ムロツヨシ、大泉洋に「ぼやきすぎ(笑)」 『新解釈・三國志』で共演

ananweb

大泉洋さん演じるぼやく劉備に、ムロツヨシさん扮するすっとぼける孔明…。福田雄一監督によるコメディ映画『新解釈・三國志』には、人間味溢れる、愛すべき武将たちが登場!

――当て書きされた脚本を読んだ感想は?

大泉:ずいぶん前に、福田さんから「めっちゃぼやきまくる劉備って面白くないですか」と言われたんです。この映画は、その一言から始まっているんですけど、本当に冒頭からぼやいてる台本が届いたなと。「曹操とか来るんでしょ。だったら俺、もう行かなくていいよね」って台詞、僕、言いそうですからね。マネージャーに「小栗旬が来るなら、マスコミのカメラに写らないだろうし、行かなくていいよね(笑)」とか。

ムロ:ぼやきすぎ、ぼやきすぎ(笑)。

大泉:一番の新解釈は、孔明じゃない?

ムロ:そうかもしれないですね。天才軍師が、この作品の中ではまさかの解釈ですから。三國志ファンに嫌われるかもしれないのに、この役をやった勇気は、買っていただきたいですね。

――大泉さんは意外な気もしますが福田組初参加で、ムロさんはもちろん常連です。

大泉:福田さんとガッチリ組むのは初めてでしたけど、プライベートでは前から仲がいいこともあって、楽しくやらせてもらいました。

ムロ:僕は福田さんが、ずっと洋さんと作品を作りたがっていたのを知っていたので、本当に嬉しそうな福田さんを見ているだけで、こちらも嬉しくなりましたね。常連組の(佐藤)二朗さんとも違う輝きを持った洋さんが入ってくれたことで、新しい流れが確実に生まれました。

大泉:ムロくんの福田組における風格は、すごかったですよ。

ムロ:風格なんてなかったでしょう!?

大泉:初参加の僕は、ゲスト的にチヤホヤしてもらってましたけど、福田さんと何本もやってるムロくんはずいぶん追い込まれてましたよ。「もう何も出ねえ…」というところからさらに、アドリブを出さなきゃいけないプレッシャー。あの時のムロくんの気迫はすごかった!

ムロ:福田組には「あれ、何もやらないの?」って顔する人がいるんですよ(笑)。何かすれば「またそれか」だし、違うことしても「今の何ですか?」って率直な疑問を投げられる(笑)。そうした中で闘うのは、たしかに大変ですし、プレッシャーもありますね。洋さんも2回目、3回目となれば、きっと同じ空気になりますよ。

大泉:だろうね。ウケなくなった時は、「全然、ウケねえなあ~!」って、言っちゃいそう(笑)。

ムロ:「昔はもっと、笑いこらえてたじゃねえか」ってね(笑)。でも、福田さんは基本的に「肩の力を抜いてやりましょう」という人です。前に福田さんを「大きな赤ちゃん」と呼んだ方がいましたけど、本当にその通りで、こっちがバカになったり、アホなことをしてあやすと、大喜びしてくれる赤ちゃんです。

――実に12年ぶりの共演ですが、この作品を通じて感じたお互いのすごさや魅力は?

大泉:ムロくんの素晴らしさは、手数の多さですよね。台本にないことを次々に言えてしまう。僕もアドリブをやるほうだけど、「さすがに、こんなにはやらんな」と思いました(笑)。

ムロ:洋さんは、芝居の受け皿の広さがすごい。変化球を投げてもキャッチして返してくれるので、またこちらから投げられるんです。洋さんとのお芝居の“遊び”が楽しくて、失礼ながら、遠慮せずいろいろやらせてもらいました。

――オールスター映画ですが、お芝居を交えて特に印象に残った方は?

大泉:山田(孝之)くんが「大泉さんと共演できてよかった」ってコメントくれましたけど、一方的に、延々と僕に話してるだけだったから、本当に喜んでもらえたのか心配ですね。

ムロ:『勇者ヨシヒコ』での孝之は、受け身の役なので、実はやりたいことを全部できるわけじゃないんです。今回は、洋さん相手に、自分の好きなことを思いっきりやってるなって、微笑ましく見てました。

大泉:もうちょっと僕にも、喋る余地をくれりゃよかったんだけど…。

――現場で何かハプニングはありましたか?

ムロ:焦ったのは、洋さんが午前中で終わって帰った後に、夕方のシーンにもいなきゃいけないことがわかった時ですね。

大泉:あれ、「撮影があったはずなのに、洋さんの出番に丸をつけ忘れました」ってことだったらしい。言っちゃなんだけど僕、主演よ?

ムロ:丸をつけるスケジュールは、主演から始まっていますからね。普通は、ありえないです。

大泉:現場はピリついてるだろうなあと思って戻ってみたら、「キタキタキタ!」みたいな(笑)。戻らなきゃ会えなかった橋本環奈ちゃんが現場にいたから、全然よかったんだけど。

ムロ:橋本環奈は、ずっと笑ってますからね。現場中に響き渡る笑い声のおかげで、なごやかな雰囲気になったのかもしれません。

大泉:ムロくんはいなかったんだけど、スタッフがピリピリしていたこともあったな。

ムロ:福田組で珍しいですね。

大泉:劉備の着物姿で、「ダメだ、ダメだ!」って、颯爽と止めに入っておいた。

ムロ:洋さん、カッコいいですね~!!

『新解釈・三國志』 中国・後漢の時代。魏・呉・蜀が覇権を争い、やがて「赤壁の戦い」へと突入していく。…という設定はそのままに、福田雄一監督が新解釈した歴史エンターテインメント。主題歌は福山雅治さんの「革命」。12月11日より全国東宝系にて公開。(C)2020映画『新解釈・三國志』製作委員会

おおいずみ・よう 1973年4月3日生まれ、北海道出身。演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。年末、第71回NHK紅白歌合戦の白組司会を務める。

むろつよし 1976年1月23日生まれ、神奈川県出身。’99年、一人舞台で俳優活動をスタートさせる。来年、荻上直子監督作品『川っぺりムコリッタ』が公開予定。シャツ¥33,500(MAISONMAISON ALTERNATIVE/HEMT PR TEL:03・6721・0882) ロングスリーブTシャツ¥13,000(NEEDLES/NEPENTHES TEL:03・3400・7227) パンツ¥39,000(ENGINEERED GARMENTS TEL:03・6419・1798)

※『anan』2020年12月9日号より。写真・三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト・九(Yolken/大泉さん) 森川雅代(FACTORY1994/ムロさん) ヘア&メイク・西岡達也(Leinwand/大泉さん) 池田真希(ムロさん) 取材、文・小泉咲子

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ