『恋する母たち』 “丸太郎”阿部サダヲ、“まり”仲里依紗にプロポーズ ネット「惚れるしかない」

クランクイン!

 女優の木村佳乃が主演を務め、吉田羊、仲里依紗が共演するドラマ『恋する母たち』(TBS系/毎週金曜22時)の第7話が4日に放送され、丸太郎(阿部サダヲ)が、まり(仲里依紗)にプロポーズをすると、ネット上には「丸太郎しか勝たん」「カッコよすぎる!」「まりちゃん、丸太郎のとこ行っちゃえ!!」などの声が寄せられた。

まりの一家は、繁樹(玉置玲央)が弁護士会から懲戒処分を受けてしまう。高級タワーマンションから、空き家となっていた優子の家へ引っ越したまりたち。まりは弁護士としての仕事を失った繁樹をよそに、パートを始める。しかし繁樹は職探しもそこそこに家事もまりや子どもたちに任せきりの状態。まりと繁樹の亀裂は決定的になっていく。

そんな中、まりは息子・繁秋のライブに招待され、会場で丸太郎と出くわす。ライブ後、2人で出かけたバーで、まりは繁秋の才能を評価してくれた丸太郎に改めて感謝の気持ちを伝える。すると丸太郎は「それじゃあ、こっちも改まるよ」と切り出すと「結婚しよう。これから一生まりちゃんと子どもたちに愛情を注ぎ続ける」とプロポーズをする。

丸太郎のストレートな告白に、ネット上には「丸太郎しか勝たんわ」「カッコよすぎる!惚れるしかないじゃん」といったコメントが集まり、さらに「まりちゃん、丸太郎のとこ行っちゃえ!!」「結婚!!もう今すぐ役所行きな!入籍入籍!!」などの声が相次いだ。

丸太郎はプロポーズに至った心境について、最初の妻を看取ったことやその際に最初の妻との間にできた息子から“お父さん、もう自由にしていいよ”と告げられたことを明かす。まりは「丸太郎さんと結婚したい…」と応じ「夫が立ち直ったら離婚する…だから待っててほしい」と涙を流す。そんなまりに、丸太郎は「惚れ直したよ…」とつぶやき優しく口付けをする。

ネット上では丸太郎への称賛の声が殺到する一方で「丸太郎スマートでカッコよってなるけど3回離婚してるんだよな」「うーん…丸太郎は丸太郎さんで…女遊びに悩まされそう…」といった投稿も寄せられていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ