スペシャルゲストに城田優が出演、『PEANUTS』生誕70周年を記念したSNOOPYクリスマスオーケストラコンサートの全貌と公演記念グッズを公開

Billboard JAPAN



チャールズ M.シュルツ原作のコミック『PEANUTS』の生誕70周年を祝して、12月24日に栗田博文、東京フィルハーモニー交響楽団、宮本貴奈、城田優らが開催するコンサート【billboard classics PEANUTS 70th Anniversary SNOOPY Premium Symphonic Christmas Concert】の上演曲が、公開された。

本公演では、音楽監修をつとめるピアニスト・作曲家の宮本貴奈が、スヌーピーアニメの『チャーリー・ブラウンのクリスマス』の劇伴(サウンドトラック)を中心に、各シーンに使われる軽快なジャズナンバーやクラシックの楽曲を厳選し、ベース、ドラムスを従えたピアノトリオとフルオーケストラの共演という編成で届ける。そして、ドラマ、映画、舞台と幅広いジャンルで活躍する城田優がゲストボーカルとして登場。メインテーマである「クリスマス・タイム・イズ・ヒア」をはじめ5曲が歌唱される予定だ。

さらに、公演の聴きどころや曲解説はBillboard JAPANの特集記事に掲載中。あわせて、会場ロビーで販売される公演記念グッズの詳細も公演ホームページで公開された。

また、スヌーピーとクリスマスソングとの結びつきは日本ではあまり知られていないが、スヌーピーの本国アメリカでは、毎年クリスマスシーズンに放映される『チャーリー・ブラウンのクリスマス』は家族揃って観るのが恒例だ。そこで流れるオリジナルのクリスマスソングは誰もが口ずさむことができる楽曲揃いとなっている。1965年にCBSテレビで初放送されたそのアニメ番組は1,500万世帯が視聴。チャーリー・ブラウンとその仲間たちが、商業主義に走らない本当のクリスマスの意味を探し求めるストーリーと、アニメを彩るジャズの音楽が作品に奥行きと深みをもたらし、大きな反響を呼んだ。このサウンドトラック盤は、クリスマス・アルバムでありながらもジャズ史上世界セールス2位を記録。原作者チャールズ M.シュルツとプロデューサーのリー・メンデルソン、そしてグラミー受賞アーティストのヴィンス・ガラルディのチームワークが成しえた偉業とも言える。

◎公演情報
【billboard classics PEANUTS 70th Anniversary SNOOPY Premium Symphonic Christmas Concert】
2020年12月24日(木)OPEN 17:30/START 18:30
東京・東京文化会館 大ホール
チケット:15,000円(公演特製オリジナルグッズつき)
指揮:栗田博文
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
ピアノ・音楽監修:宮本貴奈
スペシャルゲスト:城田優
ドラムス:ジーン・ジャクソン
ベース:パット・グリン
合唱:横浜少年少女合唱団
公演公式HP:http://billboard-cc.com/classics/SNOOPY70th/

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ