マツコ、幼少期のおしゃれ問題に持論「関係ないと思うよ」

※画像は、『5時に夢中!』公式Twitter より

 

11月30日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが、幼少期のオシャレは大人になってからのセンスに影響するか?というママたちの話題からオシャレに関する持論を語った。

 

マツコ、オシャレって結局は自己満足

番組では、「幼少期のオシャレって大事ですよね?親が適当な服を着ていて子どもも適当な服だと大人になった時に恥ずかしいと思いませんか?」という子どものオシャレに関するママからの質問を取り上げた。

 

意見を求められたマツコは「ほんとに関心の無いテーマなんですけど」と渋々といった様子で口を開くと「ぶっちゃけ本当に関係ないと思うよ」とバッサリ。続けて「だって私らの頃なんて男は皆ジャージ着てたからね。それで(大人になってから)コムデギャルソンとか着る人もいるわけじゃない?まあコムデギャルソン着れば良いのかって話ですけど、例えばね。だからそれは欲すればやると思うんだよね将来。どんなにいい服着させたってダサい奴はダサくなると思うのよ。だからあんまり気にしないでいいと思うよ」と経験を交えながら語った。

 

またMCのふかわりょうが「ちなみにマツコさんはこれに関して答えにくいかもしれませんが、オシャレな人ってどういう人を指しますか?」と尋ねると「結局は自己満足じゃない?オシャレって。例えばユニクロとかZARAとかどこでもいいけど(買いに)行って、マネキンが着てるものそのまま着れば別にダサくはならないわけじゃない。だからそれをオシャレって言ってしまっていいかっていうと、違う気がするんだよね」と答える。

 

続けて「例えばある人から見ればオシャレなものでも、ある人が見れば『うわっ!あんな服着て何考えてるんだろう』みたいな人もいるだろうし、自分が凄いそれを着ることで高揚したりとか、何か自信が持てたりとかすればいいだけの話しだと思うから」と語った。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ