KAT-TUN“6人時代”を完全再現したSixTONES夢コラボ! 『FNS歌謡祭』にファン感涙

wezzy


 12月2日放送の『2020FNS歌謡祭』(フジテレビ系)にて、KAT-TUNとSixTONESがコラボし、圧巻のパフォーマンスを披露した。

同番組では「ジャニーズペアコラボ企画」として、KAT-TUNとSixTONESが、KAT-TUNの人気曲「Keep the faith」を歌唱。サビでは亀梨和也と京本大我が完成度の高いハモリを披露し、かつて赤西仁が在籍していた頃の“仁亀コンビ”のハーモニーを再現した。

ラップパートは上田竜也と田中樹が歌い、元KAT-TUN・田中聖のパートを弟である樹が担当する場面もあった。また、赤西が脱退してから封印となっていた伝説のフレーズ“Sweety”もジェシーが完璧に披露している。

当初の6人体制から、メンバーの脱退を繰り返し、現在は3人になったKAT-TUN。今回、SixTONESとのコラボで、6人時代のKAT-TUNを再現してくれたことで、SNSでは「KAT-TUNの全盛期レベル」「エモすぎる」「歴史に残る最強コラボ」「ボロボロ泣いてる」「キプフェのラップが完全体で歌われたの何年ぶり?」と感動するファンが続出。

また、KAT-TUNとSixTONESは、他のジャニーズアイドルとは一線を画す、ワイルドでちょっと悪そうな雰囲気が漂うやんちゃ系グループであることから、「KAT-TUN+SixTONESは治安の悪さがマシマシで良い」「治安悪すぎて最高」と悶える声も。

そんな「Keep the faith」の後はKing & Princeの「シンデレラガール」。もともと出演予定だった小山慶一郎と加藤シゲアキが新型コロナウイルスに感染したため、増田貴久も含め欠席に。これにより、NEWSとのコラボで披露予定だった「シンデレラガール」に急遽、NEWSの三人に代わって中丸雄一、ジェシー、田中樹が参加した。

「ヤンキーと王子様の異世界スペシャルコラボ」「治安の振れ幅訳分からん空間」とギャップの大きさに驚くファンも多く、ピンチをチャンスに変えた名采配だったと言えるだろう。ちなみにジャニーズなら誰もが歌いたがるという人気曲「シンデレラガール」選抜に抜擢された中丸を、司会の相葉雅紀が「どうやって勝ち取ったのよ?」といじる場面もあった。

KAT-TUNをリスペクトするSixTONES
 SixTONESは、Jr.時代から『少年倶楽部』(NHK)などで度々KAT-TUNの楽曲をカバーしたり、KAT-TUNのバックダンサーを務めていたりと、KAT-TUNとの縁が深い。まだデビュー前の2019年3月から5月にかけて開催した単独コンサート『CHANGE THE ERA -201ix-』では、KAT-TUNの曲を多数披露し、「KAT-TUNしばり?」とファンが困惑するほどだった。

ジャニーズ内でもそうした印象が強いようで、翌3日の『めざましテレビ』(同)で『FNS歌謡祭』でのKAT-TUNとSixTONESのコラボを取り上げた際、木曜レギュラーであるHey!Say!JUMPの伊野尾慧は「SixTONESは子どもの頃にKAT-TUNのバックで踊ってたりとかしてたんで、そんなグループが肩並べて一緒に歌ってる瞬間が印象的だなと思いました」とコメントしていた。

特に京本大我は、ジャニー喜多川氏にスカウトされてKAT-TUNのライブを観に行ったその日に、そのままステージに上げられて入所したという逸話を持つ。亀梨に手を引かれていた幼い京本が、今は肩を並べて歌っているというエモさに、ファンが泣くのも無理はない。ファンも納得する親和性の高さを発揮したKAT-TUNとSixTONES。またぜひコラボしてほしいものだ。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ