佐々木希に「会見を止めろ」「妻が笑顔で不気味」と…誹謗中傷がインスタへ殺到

wezzy


 アンジャッシュ渡部建が12月3日夜7時から東京都内で不倫謝罪会見を開くことがわかり、妻・佐々木希のInstagramのコメント欄が再び大荒れだ。

渡部は今年6月、理由も明かさず突如レギュラー番組の出演自粛を発表。その週の「週刊文春」(文藝春秋)で“多目的トイレ不倫”が報じられた。以降、公の場で説明することもなく雲隠れ状態だが、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日スペシャル「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」』(日本テレビ系)で復帰すべく収録を済ませたことがわかっている。

大晦日の「笑ってはいけない」シリーズは不倫芸能人の“禊の場”と化しているが、「渡部の不倫は笑えない」「渡部はもうテレビで見たくない」など、一気に批判が爆発し、バッシングは佐々木希のInstagramにも波及。「夫婦で話し合ったんですか?」「ガッカリです」といったコメントが押し寄せていた。

視聴者だけでなく芸人仲間も渡部のいきなりの『ガキ使』復帰には否定的な意見が多く、こうした声を受けてか、渡部は急遽「謝罪会見を開く」と発表するに至ったのだ。

佐々木希のインスタに「渡部の会見を止めてください」と嘆願
 会見発表を受けて、またしても渡部への批判が佐々木希に飛び火している。佐々木のInstagramには「渡部の会見を止めてください」「復帰なんて誰も望んでない」「妻が笑顔でインスタ続けているのが不気味」「今さら会見しても手遅れ」といった誹謗中傷が大量に書き込まれている状態だ。

また、多目的トイレを実際に必要としているユーザーからは、渡部の行為がどれだけ迷惑なものかを説明する書き込みもある。もっともなことではあるが、佐々木にそれを伝えてもどうにもならないのではないか。

佐々木のファンたちも対抗し、こうしたコメントに対して「ここは渡部さんへの不満を書く場所ではない」と抗議。ファンは佐々木へ「コメント欄を閉鎖した方がよい」「コメント制限をかけて」と呼びかけてもいるが、彼女と所属事務所はどういう意図でコメント欄を解放し続けているのだろうか。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ