『鬼滅の刃』善逸役の下野紘、声優の大先輩と共演した心境を語る

※画像は、下野紘さん公式Twitter(@shimono_kousiki)より

 

11月29日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、大ヒットアニメ『鬼滅の刃』で我妻善逸役を演じる声優の下野紘が登場し、共演した松岡禎丞、花江夏樹、鬼頭明里らとともに、声優としての意外な悩みや、憧れの大先輩と共演した心境などを語った。

 

下野紘、桑島慈悟郎役との共演に感動

番組序盤、下野が「今日、どんな話ができるかなってワクワクしてるよ」と話すも、皆から「やっぱり下野さんからじゃないですか?飲み会でいつも喋ってるの下野さんだから」「下野さんが現場にいると安心しますよ、ムードメーカーだから」などと茶化されたりおだてられたりして、下野も苦笑いを見せていた。

 

そしてまず話題になったのが挨拶に関して。主人公の竈門炭治郎役の花江が「この業界に入って辛かったのが挨拶ですね。最初はいいんですよ、全員に挨拶していけばいいから。でも途中から『あれ、会うの2回目だっけ?』とかで迷うんですよね」と悩みを打ち明ければ、下野は「先輩に言われたことだけど、一番最初に入り口のところでワーッて言って、後は個別で挨拶すればいいんだよってアドバイスしてくれたから、現場入ってから『おはようございます!下野紘です!よろしくお願いします』ってのを今でもやってるね」と話すも、花江は「下野さんはいいですよ、声が大きいから。(嘴平伊之助役の)松岡さんや僕なんかは現場で大声出せないですからね。声優さんって声大きいと思われてるんですけど、あれ嫌なんですよねー」と返していた。

 

そして下野は、『鬼滅の刃』で共演したある声優との共演秘話を明かす。「(ベテラン声優の)千葉繁さんと共演した時『この人と一緒にやれるの!?』っていうのがあって本当に嬉しかったんだよね」と当時を思い出す下野。

 

下野は「ベテランというかレジェンドの人たちと一緒にやれるというのはいいよね。こっちが頑張ってたりすると、それに対して『君が頑張ってるなら僕も行くよ!』って来てくれるのが本当に嬉しいなって思って」とニコニコしながら話していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ