『2分の1の魔法』未公開シーンが明かす兄弟の過去と父の謎

ディズニー&ピクサー最新作『2分の1の魔法』MovieNEXが12/16(水)に発売することを記念して、「未公開シーン 父の謎が明らかに!」が公開された。

これはMovieNEXに収録されるボーナス・コンテンツから、初期に存在した「もうひとつのオープニング」である、亡き父の秘密やイアンとバーリーの幼少期が描かれた貴重なシーンである。
当初の設定では、魔法オタクはバーリーではなくイアンだったという。しかし、ダン・スキャンロン監督は ”冒険の旅を面白く描くには、イアンが魔法のことをよく知らず、バーリーに引っ張られて旅に出るほうが好都合だ” と気づき、そこを軸にストーリーが広がりを見せていったため、最終的にこの設定を選択したという。

今回公開されたこの未公開シーンは、母ローレルが幼いイアンとバーリーに「家族旅行」と書かれたビデオを見せるところから始まる。そこには、魔法の杖を使いあらゆるものを自由自在に操る父の姿が映っていた。実は父は世界で最後の魔法使いで、魔法が皆の役に立つと信じ、すべての呪文をノートに書き残して子供たちのために魔法があふれる世界を取り戻そうとしていた。
初めて知る父の思いや魔法を操る姿に、幼いイアンは ”僕も魔法使いになりたい” と、魔法をかける父の真似に夢中になるーー。
温かい家族の絆が描かれたこのシーンを観ることで、改めて本作の深い魅力に近づくことができるに違いない。

>>>本作の場面カットを見る

(C)2020 Disney/Pixar

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ