杉野遥亮、ランドセル姿の小学3年生役に テレ東1月期ドラマで2作品連続主演

クランクイン!

 俳優の杉野遥亮が、2021年1月8日からスタートするドラマ『直ちゃんは小学三年生』(テレビ東京系)で小学3年生の主人公役を務めることが発表された。テレビ東京は、2021年1月期「ドラマ25」(毎週金曜24時52分)の放送枠で1クール内2作品を放送し、両作品の主演を杉野が務めることを決定。同作はその1作目となる。

本作は、4人の「小学3年生」が織りなす、少しブラックながらもどこかほっとするヒューマンコメディードラマ。主人公の小学3年生・直ちゃんを杉野が演じ、直ちゃんの友達役を渡邊圭祐、前原滉、竹原ピストルが務める。

小学3年生の直ちゃん(杉野)は、金持ちで頭の良い少年・きんべ(渡邊)、貧乏でガサツな少年・てつちん(前原)、そして泣き虫の少年・山ちょ(竹原)と放課後はいつも一緒。見慣れないものを拾って大騒ぎしたり、些細なことでケンカしたりと、「今」を一生懸命生きている。

直ちゃん役の杉野は、本作のオファーを受けた当時を振り返り「『楽しそう!』と初めに思いました。大人になるにつれ、忘れてしまった自由や素直な発想を思い起こさせるんじゃないかとワクワクしました」とコメント。そして「直ちゃんはこんな時代だからこそ求められる、素直で純粋に生きている人です。見た目やストーリーのインパクトだけじゃなく、大人になって忘れてしまった事や素朴な疑問、ピュアな直ちゃん達から沢山の事を感じていただけると思います。是非観てください」とメッセージを寄せた。

渡邊は自身が演じるきんべについて「4人の中では1番まともな感覚を持っている常識人。大人になったらきっと人の上に立ち理詰めで仕事を進めていくタイプ。ザ温室育ち。ふと見ると、なんでこのグループに属しているかわからない瞬間もありますが、情に熱いところもあるそんな男だなという印象です」と説明。続けて「小学生の時こうだったなと、男子ってこうだったなと感じていただける作品です。傍から見たらもしかしたらくだらないと感じることを全力で楽しんできました。 お楽しみにしていてください」とコメント。

てつちん役の前原は「てつちんは貧乏でデリカシーもないけど可愛げのあるやつ、という印象です。自分の小学生の頃と重なる部分もあります(笑)」と明かし、「小学校の時のあるあるや失ってしまった童心のようなものを思い出せると思います。是非自分の小さい頃と重ねながら楽しんで観ていただけたらと思います!」と作品をアピール。

山ちょ役の竹原は「山ちょは優しくて、気が小さくて、泣き虫で、仲間への友情、愛着を強く強く持っていて。。と、そんな男の子なのかなと思いました」と役柄の印象を語り、「直ちゃん、てつちん、きんべの3人がイジりたくて仕方がなくなるような、どこか愛らしい、そんな山ちょを演じることができたらなと思いました」と演技に込めた思いを語った。

ドラマ25『直ちゃんは小学三年生』はテレビ東京系にて2021年1月8日より毎週金曜24時52分放送(全6話)。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ