完全に立場が逆転… “クルトンが主役”のパンがローソンから発売

しらべぇ


スープやサラダの引き立て役として、入っていると嬉しい「クルトン」。ローソンから、そんなクルトンを主役に仕立て上げたパンが販売され、クルトン好きな人々から熱い視線が注がれている。

画像をもっと見る

■サックルトンコーンポタージュ




その話題の新商品というのが、「サックルトン コーンポタージュ」(税込145円)。

生地の周りにこれでもかとクルトンがまぶされていて、パンのなかにコーンポタージュフィリングが入っているのだが、割合的にも、商品名的にも、コーンポタージュとの立場が完全に逆転してしまっている。



表面をコーティングしているものはコーンポタージュ味だそうだが、それでもこのクルトンの迫力を前にすると、この商品に関してはポタージュの脇役感が否めない…。

関連記事:セブンイレブン限定「わかめラーメン」がヤバすぎる 湯を注ぐ前から…

■ずっしりヘビー級




同商品は、生地にクルトンをまぶした後に揚げられているので、あげぱん独特のジューシー感があり、見た目以上に食べごたえがある。

そして、クルトンも一緒に揚げられているので、シーザーサラダのクルトンをイメージして食べると、しっとりとしている。しかし、中のコーンポタージュフィリングにはコーンの粒もたっぷり入っていて、コーンの甘さと塩気のバランスがちょうどよかった。

■「夢のようなパン」との声も


クルトンが主役になった同商品について、インターネット上では「ローソンでサックルトンって夢のようなパンみつけた、無限クルトン…」と、敏感に反応しているクルトン大好きユーザーからの声がチラホラ。

実際に食べてみたというユーザーからは「コンビニ揚げパン特有の重さはあるが、今シーズンナンバーワンの資質」という絶賛コメントの他、「あんかけスパゲティ以来の衝撃」「カロリー爆弾すぎるー」という歓喜の声もつぶやかれていた。

■若い女性ほど新商品買いがち


毎週のように、ユニークな新商品を販売しているローソン。なお、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女2,168名を対象に実施した意識調査では、全体で約25.7%の人が「コンビニへ行くと新商品を買ってしまいがち」と回答。



性・年代別に見てみると、若い女性ほど新商品を買ってしまいがちな傾向があることが分かった。

少ししっとりしたクルトンだが、立場が逆転した味わいはとても楽しいので、気になった人はぜひチェックしてみてほしい。

・合わせて読みたい→ローソン、中身が一味違うカレーパン 発売早々「かなり好き…」の声

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の男女2,168名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ