Official髭男dism「Amazing」が与えてくれる自由に生きる勇気

UtaTen

未来へ飛び込む勇気


洗礼されたポップなメロディーセンスで唯一無二の存在感を放つ”ヒゲダン”ことOfficial髭男dism

Amazing』は2019年5月に発売したシングル『Pretender』のカップリング曲です。

80年代のハードロックを連想させられるワイルドなギターサウンドに、ヒゲダンらしいポップさとクールなエッセンスが感じられる楽曲となっています。

自分らしく生きる勇気を与えてくれる歌詞の意味を考案していきましょう。



「素晴らしい!」と伝える時に使われる『Amazing』

今まで踏み入れたことのない世界へ飛び込んでいく勇気を称えているように思います。

この歌詞では「先行きの見えない未来でも恐れずに挑戦しよう」と背中を押してくれているように感じますね。

夢や目標に向かって踏み出す一歩に、失敗を恐れず飛び込む勇気を与えてくれます。

常識へのアンチテーゼ




周りに自分の夢を理解してもらえず、否定されたり、厳しく反論され傷つくこともあるかもしれません。

ですが、自分の胸に抱く信念が強ければ簡単には諦めないでしょう。

「どうやら満員電車に揺られすぎたようだ」というフレーズは、世間で満員電車が当たり前の光景とされているように、”常識”に囚われていたことを表しているように思います。

常識に囚われ過ぎると自由に行動するのが難しくなることもありますよね。

また、常識という社会のレール上で、誰かと同じように足並みを揃えて生きていくことへの対抗心のようにも感じられます。

自由こそAmazing




前進しようとアクションを起こしても、上手くいかずに空回りしてしまい、不満が募ることもあるでしょう。

時には愚痴をこぼすこともあるかもしれませんが、人に不満をぶつけても返って虚しくなり、ネガティブな感情が増してしまいます。

結果が全ての競争主義社会の中で自分らしく生きるためには、負の感情を乗り越えることが必要です。

しかし、夢を掴むことや目標を達成するために、周りが見えなくなるほど固執したり、上手くいかない時に「置いていかれるのかな」と焦ることが正しいとは限りません。

固定概念に囚われず、自由に思い描くビジョンこそが正しい道への近道なのでしょう。



クライマックスでは、これまで囚われてきた常識や競争主義といった現代社会が作り上げたイメージからの脱却が綴られています。

夢を叶えるために必要なものは何なのか。

それはヒゲダンにとって、成功のために社会で上手く立ち回るテクニックでなく、音楽を純粋に聴き手のもとに届けることだったのではないでしょうか。

夢を叶えることは決して簡単ではありませんが、一途に前進していけば自分自身に『Amazing』と称えてあげられる日がきっとくるはずです。

TEXT Roy

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ