登坂淳一のドッキリへの冷静な対応に有吉弘行思わずツッコむ

※画像は『有吉反省会』公式Twitter(@hanseikai_tv)より

 

11月28日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に、元NHKアナウンサーの登坂淳一が登場。現在では色々な番組に出演している彼が、実はバラエティが大の苦手であることを反省しに来たのだが、マネージャーの証言によりMCの有吉弘行が苦笑いを見せる展開となった。

 

登坂「自分では頑張ってるんだけど伝わらないんです」

VTRにて「アナウンス以外は全てポンコツ」と紹介され、マネージャーの証言では「本人の力量不足で、バラエティーではいい結果が出せずに困ってます」「番組のアンケート回答がつまらなさすぎるんです。こっちも必死に仕事を取ってきてるんで頑張って頂きたいです」「ワイドショーのコメンテーターで、当たり障りのないコメントしかできないので出演がどんどん減ってます」などと次から次へと厳しい指摘が飛び出し、スタジオの登坂も苦笑いのしっぱなし。これに有吉は「いいマネージャーさんですね」と感心し、登坂も「愛のムチですね、感謝しています」と反応していた。

 

そして有吉はさらなるマネージャーからの「ドッキリで途中で仕掛けに気づいてしまい、それを隠し切れずに企画を台無しにしてしまう」というクレームを紹介し、登坂は「自分では頑張ってるつもりなんですけど、それが全く届いてない、伝わってないんですね」と答えた後「壁から人が出てきたんですけど、『おっ、おっ』くらいで終わっちゃって。スタッフから『驚かないんですか?』って聞かれたので『色んな報道してきたので、ビックリすることはたくさんありました』って答えたんですよ。アナウンサーはどんなことが起こっても常に冷静でいないといけないんで、驚くのは苦手ですね」と当時を振り返り、有吉からは「元も子もない。憎たらしい~」とツッコまれていた。

 

そんな登坂に対し、有吉は「想像もつかないようなことを仕掛けないとダメでしょうね。厳しいドッキリ来ますよ~。スタンガンでバチッ、とか」と話し皆大爆笑。登坂も思わず手で顔を覆っていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ