京成電鉄、中国に帰るパンダ「シャンシャン」惜別企画 記念HMも掲出

Traicy

京成電鉄は、上野動物園のパンダ「シャンシャン」が年内に故郷の中国へ返還されるのを前に、「ありがとう! シャンシャン企画」を実施する。列車への記念ヘッドマーク掲出や、記念乗車券発売を企画している。

12月1日からは、3000形1編成に記念ヘッドマークを掲出。前後が異なるデザインで、「シャンシャン」の写真が使われている。京成上野駅構内では、デジタルサイネージ放映や、パンダ足跡などの装飾を実施する。また、12月4日からは、「シャンシャン」の写真をあしらった記念乗車券を主要駅の窓口で発売。同駅から500円区間のきっぷが2枚セットで1部1,000円(税込)。限定3,000部で、売り切れ次第終了する。

「シャンシャン」は2017年6月12日に上野動物園で誕生した雌のジャイアントパンダ。12月31日までに所有権のある中国に返還されることが決まっている。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ