着まわし万能「黒ニットワンピース」のおすすめの一着とは?

GISELe

どうアレンジしても整う、プレーンな黒ニットワンピースに着目。汎用性の高さを示すべく、1つで無限に広がる着方の可能性を再検証。レイヤードや小物の足し算など組み合わせパターンを提案。

黒ニットワンピースの着まわしを【画像一覧】でみる

BLACK KNIT DRESS DATA
□重ねるのに都合のいい余白と、長すぎないレングス
□インナーいらずでも成り立つクルーネック
□1枚でも平坦に見えない適度な幅のリブニット

リブニットワンピース 11,000円+税/スローブ イエナ(スローブ イエナ 自由が丘店) コート 50,000円+税/Bed& Breakfast(Greed International Tokyo Store) ピアス 2,600円+税/mimi33(サンポークリエイト) ショルダーバッグ 12,000円+税/20/80(UTS PR) ソックス 1,800円+税/CHICSTOCKS(ノーデザイン) ブーツ 155,000円+税/サントーニ(リエート) まずは正統派なコートをはおり、赤いソックスを効かせた、あせないトラッドなアレンジからスタート。

この黒は「忙しい」
まずは「どう着るか」の前に「なにができるか」、黒ワンピース1枚のポテンシャルを検証。はおる、仕込む、ひねる、隠す。あらゆる手段をとれば、この黒はどこまでも回っていく。

01.(まずはそれだけで)

「潔く1枚から想像をふくらませる」
ワンピースは着まわし。バッグ 52,000円+税/フレンツラウアー(TOMORROWLAND) シューズ 13,900円+税/A de Vivre はじめはさらりと1枚で。そでにふくらみのあるたおやかなシルエットと、脚がさりげなくのぞくスリット。ワンピース本来の持ち味を生かすために、潔く1枚で。ベージュのパンプスでシックを貫いても親しみを感じさせるのは、カジュアルなクルーネックだから。

02.(服を足す以前に)

「プレーンな黒を包みこむように」
ワンピースは着まわし。ベージュストール 45,000円+税/アソースメレ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) バッグ、シューズは01と同様。ベージュのストールを巻きつけて、縦にたらすようにアレンジ。それ以外は靴もバッグも左と同様なのに、即座にクラスアップに成功。顔まわりが華やぐだけでなく、フリンジのリズミカルな動きが、シンプルな黒の静けさに抑揚をもたらす。

03.(上から重ねても下からのぞかせても)

「上下で重ねてもむしろ軽やか」
ワンピースは着まわし。グレーニット 18,000円+税/ビームス ライツ(ビームス ライツ 渋谷) 黒スカート 24,000円+税/ボールジィ(TOMORROWLAND) ベレー帽 15,700円+税/カシラ(CA4LA ショールーム) バッグ 18,000円+税/マロウ(4K) シューズ 15,910円+税/コス(COS 銀座店) 質感の異なるニットONニット。丈を足すようにレーススカートを仕込めばより軽い印象に。

04.(着るというよりひっかけても)

「無造作にひっかけたシャツもどこか端正」
ワンピースは着まわし。シャツ 16,000円+税/サンセ サンセ(ブランドニュース) パンツ 80,000円+税/WRIGHT LE CHAPELAIN(エディション 表参道ヒルズ店) シューズ 15,910円+税/コス(COS 銀座店) ラフにたすきがけした、ブルーのストライプシャツのアクセント。ちょっと適当ぐらいにとり入れても、黒ワンピの上品さをそこなわない。

05.(トップスのかわりも務める)

「アシンメトリーのプルオーバーとして」
ワンピースは着まわし。白ロングスリーブTシャツ 3,500円+税/AG バイ アクアガール パンツ 46,000円+税/イン(ブランドニュース) サングラス 37,300円+税/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) バッグ 34,000円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア×ビームス ライツ、シューズ 15,000円+税/ジェイヴイエーエム(ともにビームス ライツ 渋谷) ワンピースのすそをたくし上げて、アシンメトリートップスのように新解釈。深いサイドスリットを利用すれば、パンツのポケットを生かすことも可能に。

06.(さらにはスカートのようにも)

「分割するようにシャツをON」
ワンピースは着まわし。シャツ 18,000円+税/UNCRAVE イヤリング 2,900円+税/mimi33(サンポークリエイト) バッグ 4,900円+税/コントロールフリーク(キャセリーニ) シューズ 50,000円+税/KATIM シャツからすそだけのぞかせることで、ロングスカートのような見た目に早変わり。中央から下のボタンを開けて黒を少量のぞかせればシャープな印象も維持できる。

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ