“本番一発勝負”『サクセス荘』3期制作決定 立石俊樹&唐橋充が初参戦

クランクイン!

 2.5次元舞台などで活躍する俳優による新感覚ドラマの第3弾『テレビ演劇 サクセス荘3』が、テレビ東京ほかにて2021年1月6日より放送されることが決まった。本作では、立石俊樹と唐橋充が初参戦を果たす。

『テレビ演劇 サクセス荘』は、2.5次元舞台のパイオニア、ネルケプランニングとドラマ『おっさんずラブ』で注目を浴びた人気脚本家の徳尾浩司がタッグを組み、“リハは1度だけ”“本番一発勝負”の<テレビ演劇>という今までにない新しいドラマ。予測不能な展開、役者たちのリアルなリアクションや垣間見える素の表情を楽しむことができる作品だ。第1弾は2019年、第2弾は2020年に放送された。

都会の片隅にひっそりと佇む一軒のアパート「サクセス荘」。そこには、芸人、漫画家、占い師、料理人…など、それぞれ“ひと旗あげたい”と成功(サクセス)を夢みる若者たちが住んでいて、いつか必ず夢を叶えて巣立っていくという伝説があった。

3期に出演するキャストは、和田雅成、高橋健介、高木俊、黒羽麻璃央、spi、立石俊樹、有澤樟太郎、定本楓馬、玉城裕規、寺山武志、小西詠斗、唐橋充の12名。立石と唐橋は本作から初登場となる。

ダンス&ボーカルユニット・IVVY のメンバーでもある立石が演じるのは、208号室の住人でビューティーアドバイザー志望のマカロン役。立石は本作への参加について「歴史ある作品に新メンバーとして参加することになりとても嬉しく思います。テレビ演劇という新しいことへのチャレンジなので、その緊張感も楽しんで住人の皆さんと過ごしていきたいと思います」と抱負をコメント。

一方、俳優のほかイラストレーターとしても活躍する唐橋は、401号室の住人でテーマパークプロデューサー志望の百鬼(なぎり)役。唐橋は本作への出演について「最年長の私の身体(セリフ覚え)が、演劇界の先頭集団にどこまでついていけるか、早く現場に入(ってカンペを貼れる場所を探しまく)りたい気持ちでいっぱいです!」と心境を語っている。

水ドラ25『テレビ演劇 サクセス荘3』は、テレビ東京、テレビ大阪にて2021年1月6日より毎週水曜25時28分、テレビ愛知にて2021年1月6日より毎週水曜25時35分放送。BSテレ東/BSテレ東4Kにて2021年1月11日より毎週月曜24時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ