MY FIRST STORYのHiroが本名・森内寛樹としてソロデビュー、あいみょんやYOASOBIなど女性ボーカル曲のカバーアルバム『Sing;est』リリース

SPICE


MY FIRST STORYのボーカル・Hiroが、2021年1月20日(水)に本名の“森内寛樹”(もりうちひろき)としてカバーアルバムでソロデビューすることが発表された。

森内は、先日11月21日(土)に放送されたフジテレビ系・土曜プレミアム『まつもtoなかい ~マッチングな夜~』にて父の森進一と初共演を果たし、番組内で森進一の代表曲「襟裳岬」をカバーするとTwitter上では「#Hiro」が世界トレンド入りするなどSNS上で大きな話題となったことも記憶に新しい。

今回のソロデビュー発表に際しては、コロナ禍でバンドとしての活動が制限される中でファンに対して自分ができることを考え「“今だからこそ、みんなを楽しませることは何なのか”ということを考え抜いた上で、バンドを代表して出した結論です」とコメントしている。

ソロデビュー作となるカバーアルバムのタイトルは、『Sing;est』(ヨミ:シンゲスト)。タイトル『Sing;est』は、歌手である“Singer”、最上級の意味を持つ“est”、そして文章の途中で切り、説明を続ける時に使用する符号“Semicolon(セミコロン)”をつけて、タイトルに"No.1ボーカリスト"の意味を込めたという。

計10曲の収録曲はどれも普段から森内自身が歌っている楽曲とうことで、「夜に駆ける(YOASOBI) 」「君はロックを聴かない(あいみょん) 」「やさしさで溢れるように(JUJU)」など女性アーティストの楽曲を原曲キーで歌い上げる。

なお、リリース形態はUNIVERSAL MUSIC STORE限定盤と通常盤の2形態でのリリースとなっており、UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤は24Pにわたるフォトブックに加えて豪華ケースに収納され、本日11月30日(月)~12月9日(水)23:59まで予約を受け付ける。

また、アルバム購入者を対象とした『森内寛樹「Sing;est」リリース記念1on1トークイベント』の開催も決定。初回プレス分にシリアルナンバー入りのチラシが封入されており、封入チラシに記載のURL、または二次元コードより応募サイトにログインし、シリアルナンバーを入力して申し込むと、抽選で森内寛樹と30秒間1on1でビデオ通話できるイベントに招待される。

アルバムの詳細、オンラインイベントや特典に関する詳細は、本日開設となった森内寛樹オフィシャルサイトをチェックしてほしい。


■森内寛樹コメント全文


MY FIRST STORYのHiroです。

今年の頭に、コロナウイルスによる感染拡大が日本でも広がりを見せ、常に時間を共有し、いつも当たり前のように一緒にいたMY FIRST STORYのメンバーとも中々顔を合わせることが出来なくなった時、自分自身と向き合う時間が多くなりました。

ファンのみんなから寄せられる励ましのメッセージを一つ一つ読む度に、“自分は何のために歌っているのか”と考える中で、”いつも応援してくれるみんなに、今自分は何が出来るのか”という気持ちが次第に大きくなっていきました。

そんな中、以前より「カバーアルバムをリリースして欲しい」というたくさんのリクエストを受けていたこともあり、緊急事態宣言の最中で1人がむしゃらにこのカバーアルバムを進めてきました。

MY FIRST STORYのHiroとして応援してくれていた方にとっては、色々と思うことがあるかもしれません。
ただ、僕なりに“今だからこそ、みんなを楽しませることは何なのか”ということを考え抜いた上で、バンドを代表して出した結論です。

今回歌わせて頂く楽曲は、どれも僕が好きで普段から歌っている楽曲ばかりです。
MY FIRST STORYとして4年前からメジャーデビューに関して声をかけてくれたユニバーサルミュージックさんより、「歌声で勝負したい」という気持ちから、この度本名である“森内寛樹”としてカバーアルバムをリリースさせて頂きます。

どうか森内寛樹をよろしくお願いいたします。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ