新国立劇場、2020/2021シーズン オペラ『フィガロの結婚』、バレエ『眠れる森の美女』公演の実施を決定

SPICE



新国立劇場は、オペラ公演『フィガロの結婚』バレエ公演『眠れる森の美女』を新型コロナウイルス感染予防、拡散防止への対応策を徹底し、公演を実施することを本日2020年11月30日(金)に公式サイトにて発表した。

公演については下記のとおり。

【実施公演】
オペラ『フィガロの結婚』
日程:2021年2月7日(日)~14日(日)
会場:新国立劇場 オペラパレス

バレエ『眠れる森の美女』
日程:2021年2月20日(土)~23日(火・祝)
会場:新国立劇場 オペラパレス

オペラ『フィガロの結婚』 撮影:寺司正彦
オペラ『フィガロの結婚』 撮影:寺司正彦

オペラ『フィガロの結婚』は、伯爵の召使いフィガロと恋人スザンナの結婚をめぐる一日の騒動が活き活きと描かれた、モーツァルト不朽の名作。単独で演奏されることも多い軽快な序曲に始まり、「恋とはどんなものかしら」(ケルビーノ)、「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」(フィガロ)、「愛の神様、手をさしのべてください」「楽しい思い出はどこへ」(伯爵夫人)と、全編思わず口ずさみたくなるような有名な曲が続く。

現代最高のオペラ演出家のひとりと称される、ホモキの演出では、モノトーンの舞台を登場人物が縦横無尽に動き回り、徐々に社会的秩序が取り払われて、ピュアな人間性が生き生きと描き出される。比類ない完成度の舞台と高く評価され、新国立劇場の看板演目のひとつとして人気を博しているプロダクション。キャストにはプリアンテ、ガンベローニ、モラーチェとイタリアから伸び盛りの歌手を招聘するほか、『紫苑物語』で定評ある可憐な美声と感情表現で難役をこなした臼木あい、ロッシーニやモーツァルトでイタリアの歌劇場の主役級に出演を重ね、『ドン・ジョヴァンニ』でも卓越した声楽表現と闊達な演技で観客を魅了した脇園彩が登場。指揮にはピドが待望の新国立劇場デビュー。丁々発止のやり取りが楽しみな顔ぶれとなっている。

なお、本公演は新型コロナウイルス感染症拡大予防対策を講じた新時代の生活様式に基づき、演出の一部を変更して上演。また、現時点では発表済のキャスト、指揮者での上演を予定しているが、出入国制限の状況により変更となる場合があるとのこと。

バレエ『眠れる森の美女』 撮影:鹿摩隆司
バレエ『眠れる森の美女』 撮影:鹿摩隆司

バレエ『眠れる森の美女』は、2014年11月に新国立劇場バレエ団のシーズン開幕を飾り新制作されたグランド・バレエ。古典のスタイルを守りながらも現代的な感覚を活かしたウエイン・イーグリングによる振付、元ダンサーとしてのセンスが光るトゥール・ヴァン・シャイクの洗練された色彩豊かな衣裳、川口直次による格調高く豪華絢爛な美術は「シンプルにして豪華」な舞台として絶賛された。また、主役級のダンサーが次々とソリストとして登場し、新国立劇場バレエ団ダンサーの層の厚さを実感することができる。
本公演で、チャイコフスキー作曲の3大バレエの一つとして世界中で愛されている古典の最高傑作で、総合芸術としてのバレエの醍醐味を堪能しよう。なお、公演日程のほか、主要キャストの小野絢子、木村優里、米沢唯、福岡雄大、井澤駿、渡邊峻郁の出演も発表された。

本公演に来場を予定している方は、来場前に、新国立劇場ウェブサイトに掲載の【新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みと主催公演ご来場の皆様へのお願い】(https://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/23_017576.html )を必ず一読ください、とのこと。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ