NEWS小山と加藤のコロナ感染でSnow Manファンも悲鳴「ジャニーズクラスター」起こりかねない

wezzy


 NEWSの加藤シゲアキと小山慶一郎が新型コロナウイルスに感染したことを、ジャニーズ事務所が公表した。

公式サイトでの発表によると、加藤は11月28日午前に37.7度の発熱がありPCR検査を実施し、陽性が判明。これを受けてNEWSメンバーと担当マネージャーもPCR検査を実施したところ、咳や頭痛などの症状があった小山も陽性が確認されたという。

ジャニーズ事務所は、陽性が確認された二人がこの数日の間に同社関連施設への立ち入りがあったとして、29日に該当施設の消毒作業を実施すると発表。また、12月12、13日にJohnny’s net onlineで有料配信予定だったNEWSのライブ「NEWS LIVE TOUR 2020 STORY」の配信中止も決定した。購入済みチケットの払戻などについては別途案内するとしている。

この発表が行われたのは深夜にもかかわらず、多くのファンがSNSで加藤と小山を心配し、労るコメントを投稿。もともと「STORY」ツアーはコロナのせいで延期となっており、ようやく無観客配信で実現しようとしていた直前の感染だけに、ライブ中止を一番悔しがっているのはNEWSメンバーだろうと、彼らの心情を慮っている。

同時に、「他グループのメンバーにも感染していたら…」「今の時期、大勢集まる特番が多いからやばいかも」と、“ジャニーズクラスター”を懸念するファンの声も大きい。

11月25日に生放送した大型音楽番組『ベストアーティスト2020』(日本テレビ系)では、ジャニーズグループが多数出演しており、メドレーコーナーで他グループとの絡みも多かったため、「ベスアに出たみんな、一緒にメドレーやった人達は濃厚接触者になっちゃうのかな?」という声が。特にNEWSメンバーと距離が近かったSnow Manの深澤辰哉には「さすがにベスアのあの距離は…」と心配が寄せられている。

ジャニーズ事務所は、「今後の活動状況等を踏まえて、できる限り皆様にご迷惑をおかけしないことを優先し、まずは、NEWS加藤と小山が新型コロナウイルスに感染した旨のご報告を迅速にすべきと考えたことから、濃厚接触者の特定をはじめとする保健所とのやりとりが完了していない状態ではございましたが、皆様にご報告することといたしました」と説明しているが、今後さらに詳しく濃厚接触者等の情報を公表することになりそうだ。

12月には『FNS歌謡祭2020』(フジテレビ系)が2週にわたって放送予定であるほか、クリスマスにも6時間にわたる生放送の『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE2020』(テレビ朝日系)、そしてジャニーズから7組が出場する『NHK紅白歌合戦』などが控えている。ジャニーズ以外のアーティストやスタッフも含め、神経を尖らせながらの制作となることは間違いないだろう。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ