29色のヘリテージカラーやお洒落な足回りが選べる、「アトリエ アルピーヌ」が開設! 

IGNITE


唯一無二の個性を持つスポーツカーに乗るならば、より自分好みに仕立て上げたいと思うのが、クルマ好きのピュアな欲望だろう。



フレンチスポーツのアルピーヌでは、至福のカスタマイズプログラム「アトリエ アルピーヌ」を11月5日に開設し、過去モデルをオマージュしたヘリテージカラーなどが選択できるようになった。

アルピーヌは、2018年に時空を超えて復活したフレンチスポーツ。1.8Lの直噴4気筒ガソリンターボ(252ps/320Nm)をミッドに積み、優れた前後重量バランス(前:44%、後:56%)と1,110kgの軽量ボディを活かした、俊敏かつ痛快な走りを特長とする。



走行モードは「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3つが用意され、ローンチコントロール機能も備える。エキゾーストシステムから放たれる“快音”にも心躍らされる。



また、今年6月に相次いで発表された限定車、究極のエレガントをまとう「リネージGT(限定30台)」と、ひまわりイエローが鮮やかな「カラーエディション2020(期間限定)」もそれぞれ魅力的だ。



今回の「アトリエ アルピーヌ」では、過去モデルをオマージュし、最新の原料を用いて調合された29色のヘリテージカラーを選択できるほか、3種類のホイールデザイン&カラー、4色のブレーキキャリパーを自由に組み合わせることができる(※一部、グレードによる制約あり)



ヘリテージカラーは各色とも世界110台限定となり、ヘリテージカラーであることを示す専用プレートも装着される。



また、通常オプションについても選択肢が増え、ステアリング位置(右/左)、ボディカラー(7色)、ホイールデザイン(3種類)、ブレーキキャリパーカラー(ブルー/ブラック)、カーボンルーフ、ブラックレザー内装などが用意。さらに、通常オプションと「アトリエ アルピーヌ」を組み合わせてカスタマイズすることも可能になっている。

まずはオフィシャルサイトから、お好みの組み合わせを画像で確認してみたい。

オフィシャルサイト:https://www.alpinecars.jp/configurator/

■グレードおよび価格
ピュア=788万円
リネージ=835万2,000円
S=850万円

リネージ GT(限定30台)=889万円
カラーエディション2020(2021年3月31日までの期間限定)=911万円
(zlatan)

画像元:アルピーヌ・ジャポン

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ