小林麻耶が「味方」の登場に感激 一体何と戦っているのか

wezzy




フリーアナウンサーの小林麻耶が連日、夫の國光吟氏と運営するYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」の生配信を続けている。27日早朝の配信では、弾けるような笑顔で「一睡もしていない」と明かした小林。なぜかというと、ファンからの「ピョコタンさんの動画を見てください」というコメントに従い動画を見たところ、非常に感動して何度も再生した上、嬉しさのあまり興奮して一睡もできなかったのだという。

「ピョコタンの動画」とは、『【宣言】小林麻耶さんあきらさん夫婦を信用して応援します!【ピョコタン】』というYouTube動画。動画の投稿主は登録者数3.9万人のYouTubeチャンネル「ピョコタンチャンネル」の男性YouTuberピョコタンで、吟氏の生配信に何度も「応援している」と書き込んだところ、吟氏に名前を呼んでもらい嬉しかったそうだ。炎上した小林夫妻のドッキリ動画のコメント欄に書き込まれた誹謗中傷についても、自分はその誹謗中傷コメントにやり返すコメントをたくさん書き込んだと熱く語っていた。

ピョコタンは「矢面に立って、顔を出して、叩かれまくっている中、頑張る2人を見ていると、2人の話していることのほうが信用できる」と思ったそうだ。「興味本位でやってきて、正義感をふりかざし、『洗脳』『旦那は今すぐ麻耶ちゃんから離れろ』と書き込む視聴者たち」への怒りを爆発させながら、「お前の方がよっぽどクソなんだよ。2人の何が分かるんだ、ゴミが」「なんにも他人の事情を知らないくせにずけずけ介入してくるな。お前が明日離婚しろ」と、それらの視聴者コメントにやり返したと豪語していた。

また、ピョコタンは今の状況を『完全ないじめの構図』と説明。「(テレビ関係者は)へたに小林麻耶さんの側についちゃうと自分まで干されちゃうんじゃないかっていう危機感があって(中略)自分もいじめの対象になっちゃうから救ってあげられないっていうのと構図としては同じ」「一番タチが悪いのは、マスコミたちが先導した悪い記事に流されてる一般のバカ共。そいつらがコメント欄に押しかけてきて、あの人たちの精神・人生を乱していこうとするわけ。それが許せないのよ」と語った。

小林夫妻はピョコタンの動画URLを概要欄に貼り、配信では20分に渡りピョコタンへの感謝を示した。「動画を拝見して2人で泣きました」「感動のあまり一睡もできませんでした」と小林は興奮気味に語り、吟氏が「何回も動画を見まして。こんな大人の方がいるんだ。この状況の僕たちに応援しますって宣言するって……」と言うと、小林も「ほんと大変なことなんですよ!絶対に誰もできないことなんですね!?」と声をかぶせるほど感激していた。

たしかに夫婦間のことを外野が100%知ることはできない。夫が妻を「洗脳」しているように見えても、異常な関係に見えても、それはあくまで「見える」というだけで、夫婦が幸せだというなら介入しようがない。また、スピリチュアルを心の拠り所にすることも、それが周囲を巻き込み迷惑をかけるものでないのであれば、自由だろう。

ただ、すでに彼らは周囲を巻き込んでいる。小林の突然の番組降板、事務所との契約終了で迷惑を被った関係者がどれだけ多いか。さらに、小林が愛する母や姪・甥も、今の彼女と会うわけにはいかないようだ。

「女性セブン」(小学館)も伝えているが、今年6月、市川海老蔵はライブ配信で、子どもたちに「麗禾と勸玄、会いたい人とかお話聞きたい人っている?」と尋ねた。このとき、小学3年生の麗禾ちゃんはなぜか言葉では答えず、紙に書き始めたのだ。「大きな声で言ってくれないとわからないよ、麗禾」と海老蔵が言うと、麗禾ちゃんは戸惑いながら書いた紙を見せる。すると、海老蔵はそれをひと目見て、「あ~、ダメ。ダメダメ」と苦笑いした。しかし、海老蔵と一緒にその紙を見た長男の勸玄くんが「麻耶さんですか!」とバラしてしまったのだ。

小林麻央さんの闘病中から、海老蔵たちの生活に深く関わり、旅行にも同行していた小林麻耶。特に姪の麗禾ちゃんは、彼女によく懐いていたという。だが今の彼女は、「名前を言ってはいけない人」になってしまったのだ。しかも、番組降板騒動で問題が表面化するずっと前の6月の時点で、海老蔵一家にとってNG人物となっていた。最近では、小林麻耶と同居していた母親が、海老蔵宅に避難しているという報道もある。

小林夫妻はこれも「いじめ」と捉えるのだろうか。吟氏はYouTubeで歌舞伎関係者の一部を「いい年して終わってる人」と罵倒し、その動画を小林は“神回”と宣伝している。スピリチュアルを拠り所にするのはいいが、彼らの攻撃的で乱暴な姿勢は、「やっぱりスピは怖い」とマイナスイメージを広げている。

吟氏は「自分は麻耶ちゃんを守るために命懸けなんだ」と言っているようだが、彼は一体、何と戦っているのだろうか。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ