ジェニファー・アニストン、引き取った保護犬の成長ぶりを公開 元夫ジャスティン・セローもハートマークで反応

ジェニファー・アニストン(51)が自身のInstagramを更新し、愛犬“チェスターフィールド卿(Lord Chesterfield)”の最新ショットを公開した。写真には感謝祭を祝う言葉を添えるとともに、10月に保護犬施設から引き取ったラブラドール・レトリバーの成長ぶりを披露した。

米国の祝日である感謝祭の翌日だった現地時間27日、ジェニファー・アニストンが愛犬“チェスターフィールド卿”とのツーショット写真を公開した。

米国の感謝祭は毎年11月の第4木曜日に行われ、家族や親戚一同が集まって七面鳥などのご馳走を食べる最も重要な祝日の一つだ。かつて英国から渡米した清教徒(ピューリタン)が、新世界での初収穫を神に祝ったことが起源とされる。

ジェニファーの愛犬チェスターフィールドは、10月に保護犬施設から引き取ったラブラドール・レトリバーの雄犬だ。ジェニファーは飼い始めた当時、まだ子犬だったチェスターフィールドが眠る愛らしい姿を公開していた。あれから1か月以上が経過したが、チェスターフィールドはすくすくと元気に育っている様子だ。

「私達は感謝しています」と言葉を添えた3枚の写真は、ジェニファーのロサンゼルスの自宅内で撮影されたものと見られている。黒いセーターにジーンズ姿のジェニファーが床に座り、彼女の足の間でお座りをするチェスターフィールド。その首輪には散歩用のリードが繋がれている。

ジェニファーが投稿した愛らしいツーショット写真に、元夫で俳優のジャスティン・セローがハートや手を合わせる絵文字を残したほか、多くのセレブ達が反応した。

モデルのナオミ・キャンベルは「感謝祭おめでとう」、トム・ハンクスの妻で女優のリタ・ウィルソンは「素敵な友人へ、感謝祭おめでとう。私達は、あなたと子犬ちゃんを愛しているわよ」とコメントしている。

さらに米ドラマ『The Morning Show』でジェニファーと共演したリース・ウィザースプーンが、「かわい子ちゃんね」と記してハートの絵文字を添えた。最近保護犬を引き取ったばかりの俳優オーランド・ブルームも、絵文字で反応している。

ジェニファーは大の犬好きで、チェスターフィールドの他にも白と黒のピットブル犬“ソフィー(Sophie)”とシュナウザーのミックス犬“クライド(Clyde)”を飼っているが、2019年12月に米誌『People』で米トーク番組の司会者エレン・デジェネレスとの関係や、保護施設に引き取られた動物達に対する思いをこのように明かしていた。

「私の友人エレン・デジェネレスは、新しい家族を必要とする動物の写真を送り付けてくるのが大好きなの。もし私が、ラマ、アルパカ、豚、羊、山羊なんかを飼えるなら、本当にそうするわよ。」

「でも、クライドとソフィーのことを考えなくてはならないの。だって、彼らがハッピーでいられるかどうかが大切だから。」

ちなみにジェニファーは米大統領選で勝利が確定したバイデン氏の支持者であり、バイデン氏の愛犬がホワイトハウスで過ごす初の保護犬となることに大喜びしていた。

画像は『Jennifer Aniston 2020年11月27日付Instagram「We’re grateful」、2019年11月13日付Instagram「Girl’s best friend... bring Clyde to work day.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ