40代で結婚できない4つの壁。ナイナイ岡村の奇跡は起きるのか?

日刊SPA!

 独身芸人の会「アローン会」の一員で中年シングル男性のアイコン的存在でもあったナインティナイン・岡村隆史(50歳)の結婚報道は、世間に衝撃をもたらした。だが、「勇気をもらった」などの声が上がる一方で、アラフォー男性の婚活事情は暗く厳しいイバラの道と言っても過言ではない。婚活現場の声を集めた。

◆50歳以下男性の約4分の1が初婚を経験していない

ナイナイ岡村は一回り年下の美女との華麗な結婚を決めたが、これが一般人には難しい偉業であったことはさまざまなデータが示している。日本の50歳以下男性の生涯未婚率の’20年度予測は約26.7%(参考/国立社会保障・人口問題研究所)で、約4分の1の男性が初婚を経験していないことになる。

また、ニッセイ基礎研究所は’15年の数字を基にして、向こう10年での男性1人あたりの年代別婚姻発生確率が20代、30代はそれぞれ40%なのに対して、40代の結婚確率は10%にしかならないという残酷な数字を出している(2017年婚姻届における初婚男女の年齢組み合わせランキング(4)-なぜ結婚希望が叶わないのか-40代男性編/妻の年齢ゾーン別分布状況 天野 馨南子 2020年01月29日)。

アラフォーの婚活は実に厳しいのが現実だ。東京・恵比寿と兵庫・高砂にある結婚相談所「結婚物語。」のカリスマ仲人T氏は語る。

「結婚相談所のボリュームゾーンは男性が40代以上、女性が35~45歳なのですが、成婚しやすい年齢は男女ともに30代前半。40代の登録者数は男女ともに多いにもかかわらず、マッチングすらしない。40代男性が同世代の女性を求めていないことが問題なんですね」

◆40代男性が30代女性から選ばれない理由は「子育て」

この問題のネックには、40代で婚活を始める男性が「子供を望む」ことにある。T氏が続ける。

「アラフォーから婚活を始める男性は、『結婚=子供』と考えるため、高齢出産手前の36歳までの女性を希望する傾向にあります。しかし、女性も子供が大学を卒業するまでのことを考えれば、40歳の男性よりも1歳でも年下の男性と結婚したい。

また、結婚に焦りだす年齢は男性が40代が目前に迫る38歳くらいからですが、女性は25~35歳。ここですでに10歳の年齢ギャップがあり、出遅れた男性の婚活は大変厳しいのです」

都内の不動産会社で働く松井将人さん(仮名・40歳・年収900万円)は、’19年からマッチングアプリで婚活を始め、今年9月に結婚相談所に入会した。だが、「30代から始めていればよかった」と、遅きに失したと感じている。

「最後に彼女がいたのは28歳で、その後は仕事が忙しすぎて恋愛をする時間が全然なかったんです。ようやく連休が取れるようになった2年前から子供が欲しくなり、婚活を始めました。相手は30~36歳ぐらいを希望しているのですが、アプリではほとんどマッチングしませんでした。

なんとか出会えた30代中盤の女性2人も、こっちが必死でLINEで会話をつないでも、向こうは返事だけ。1か月連絡を取り続けてやっと食事に行ったけれど、どちらもその後、お礼の連絡すらなし。『この人、何を考えてんだろう』と思って、それっきりになってしまいました」

◆4大障壁① 年収100万円=1歳の法則

同じ条件で30歳と40歳の女性がいれば「自分でも30歳を選ぶから仕方がない」と松井さんは振り返る。前出の仲人T氏は婚活の年齢について、「年収100万円=1歳の法則」があると力説する。

「結婚相談所界隈では15年前からある定説なのですが、『自分の年収÷100』で出てきた数字がなんとかギリギリ狙える年の差です。つまり、年収600万円の42歳だと狙えるのは36歳まで。30歳と結婚したければ、年収は1200万円以上が必要とされますね」

松井さんの場合は年収900万円なので、31歳まで狙えそうな気がするが、そう簡単な話ではない。

◆4大障壁② フィルタリングの壁

婚活アドバイザーの岡部美穂子氏は、「『フィルタリングの壁』があるんです」と説明する。

「子供の教育を考えて、30代の女性は年上でも30代までで検索条件を設定して相手を探す人が多いのです。それゆえ、39歳の男性に比べると40歳の男性の需要は激減してしまうのです」

◆4大障壁③ 年収300万円台の20代後半男性=年収1500万円台の50代前半男性?

また、日本結婚相談所連盟(IBJ)が発表した結婚における年収と年齢の興味深いデータがある。

「’19年に発表されたIBJの『成婚白書』のデータでは、会員のなかでの成婚しやすさが、年収300万円台の20代後半男性と年収1500万円台の50代前半男性でほぼ同じでした。『年収が高いから大丈夫だろう』と思っている男性はしばしばこのデータを見た後にショックを受けますね」(岡部氏)

◆年収1000万円でも結婚できない

高収入より、若さが求められているのが現在の婚活市場だ。都内のIT企業で働いている神田隆二さん(仮名・43歳・年収1000万円)は、高収入ながら婚活がなかなかうまくいかず、’19年2月から婚活学校に通っている。

「婚活学校ではスタイリングやデートプラン、会話などを学んでいます。20代中盤から何度か結婚相談所に入り婚活をしていたのですが、成婚には至らず。

年齢は自分より2~3歳下ぐらいで、見た目は一般的にキレイ程度、同じくらいの稼ぎで共働きできる女性を希望していたのですが、金銭的価値観が合わないことが多くて、うまくいきませんでした。

40歳を過ぎてからは女性との距離感を縮めるのが難しいと感じることも増えてきて。結婚していないと『社会人として一人前に見られない』から、早く結婚したいのですが……」

神田さんは独自の理想を追い求めすぎている典型的なタイプだ。

「長く結婚できない人に多い性格ですね。自分で自分を高スペックと思っている人は男女ともに “結婚の明確な決め手”を定めていないことが多く、なかなか成婚に至りません。

そうこうしている間に嫌なところが目につき、そのままお別れというパターンに……。社会的な地位のある人、プライドが高い人に見受けれらます」(岡部氏)

◆4大障壁④ 40代男性はアプリ婚活に向いてない

また、最近はアプリを使用した婚活も一般的になっている。しかし、「本当に結婚したい40代男性はアプリでは勝ち目がありません」と、前出の仲人T氏は嘆く。

「アプリの男女比は男7:女3で、そもそも男性にとっては競争が激しい土壌。既婚者やヤリ目だけの男性も数多く、彼らは年収を100万円多く書いてプロフィールを盛ります。

一方、本当に結婚したい40代男性は正直にプロフィールを書く。メッセージのやり取りもヤリ目の男より下手なので勝てない。基本的に、40代男性にはアプリ婚活は向いていないのです」

子供も無理でアプリもダメ。それでも結婚したいオーバー40歳は、どうしたらいいのだろうか。

「同年代を望むしかありません。40代男性を受け入れてくれるのは、基本的にはアラフォーの女性だけ。また、アラフォーの女性とのお見合いを重ねるうちに視野が広がって、そこから生まれる心の余裕が魅力となり結果的に30代の女性と結婚したという事例もなかにはあります。まずは、現実を受け入れて同年代の人と出会ってみることが大切です」(仲人T氏)

繰り返しになるが、40代が結婚できる確率はたったの10%。結婚したいなら、必死になるしかない。

【結婚相談所「結婚物語。」社員・仲人T氏】

兵庫県高砂市で『結婚物語。』のチーフアドバイザーを務める。正確な情報とユーモアの効いたアドバイスの数々で、ブログが大人気。

【婚活アドバイザー・岡部美穂子氏】

東京・自由が丘にある結婚相談所「エフティヒア」代表。自身も6年間の婚活を経て結婚。ブログタイトルは「本音の婚活応援Blog」。

<取材・文/仲田舞衣 松本果歩 小西 麗 吉岡 俊 行安一真(本誌)>

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ