「弟子が亡き師匠を偲んで見上げた夜空みたい」 ラップの芯越しに猫を撮ったらエモすぎる雰囲気に

ガジェット通信



愛猫をさらに可愛く魅力的に撮影するため、日々試行錯誤している飼い主さんは多いかと思います。工夫した結果、想像と違う仕上がりになってしまったという猫写真がTwitterで大爆笑をさらっていました。実際の写真をご覧ください。

今月25日、Twitterユーザーの二代目ニャン吉(@nekokichiojisan)さんがアップしたのが、「ラップの芯」越しに撮影したという愛猫の写真。



じゅうぶん可愛らしい1枚ではありますが、投稿者である二代目ニャン吉さんはこの写真の仕上がりについて、


弟子が亡き師匠を偲んで見上げた夜空みたいな写真になったよね


とコメント。確かにこの構図、そう言われたらそうとしか見えない……! 秀逸なコメントで多くの人々の笑いを誘っていました。

https://twitter.com/nekokichiojisan/status/1331502352663158785

ちなみにラップの芯越しに猫を撮ると「“異世界から命を狙ってくる何か”になる」ときもあるとのことです。

ツイートを見た人からは、



・師匠・・・

見てくれていますか?

猫缶を開けるの上手くなりましたよ

・精進せよ・・・いつも見ておるぞ・・・感ありますw可愛い

・満月みたいに光ってますね…

・007風と言えなくもない…かも?

・猫ちゃんの表情、趣がありますね



といったコメントが寄せられていたほか、同じ方法で撮影したペットの写真を披露するユーザーも見受けられました。興味のある方は一度真似してみては?

https://twitter.com/nekokichiojisan/status/1331551386421448704

※画像提供:二代目ニャン吉(@nekokichiojisan)さん

https://twitter.com/nekokichiojisan

(執筆者: しゃむ)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ