クミコ、『わが麗しき歌物語vol.3~シャンソンとクミコの歌たち~』コンサートレポートが到着

SPICE



歌手・クミコが、2020年11月27日(金)、東京・EXシアター六本木で『わが麗しき歌物語vol.3~シャンソンとクミコの歌たち~』と題したコンサートを開催した。

この日の公演は本来7月4日に予定されていたものだが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため延期。今回、約5カ月遅れで開催。2月15日の神奈川県綾瀬市オーエンス文化会館での公演以来のコンサートとなり、観客はキャパシティーの半分となる約450名を迎えてのコンサートとなった。
クミコ
クミコ

オープニングで早速ゲストのコーラスグループ、ベイビー・ブーとともにクミコが登場すると、シャンソンを代表する名曲「愛の賛歌」、スコットランド民謡「広い河の岸辺」を立て続けにアカペラで披露し、その美しい歌声とハーモニーに会場からは大きな拍手が送られた。
『わが麗しき歌物語vol.3~シャンソンとクミコの歌たち~』より
『わが麗しき歌物語vol.3~シャンソンとクミコの歌たち~』より

クミコは「なんとも言葉にしがたいような状況下、皆様がこうしてお越しくださったこと、本当にありがとうございます。いろいろな心配ごととかが、心だけじゃなく身体にも影響を及ぼしかねないような状況になっていて、「大丈夫なのかしら私は?」と、おそらく皆さんも思われることもおそらくあって、いろんな不安とか心配が覆い尽くそうとしているような状況ですけれども、そんな中で私どもが歌を通して、少しでも小さな灯のようになれればいいなと今日は思いながら、務めさせていただきます。」と挨拶。

「ここはもともとライブハウスという場所でもあったのですが、そんな賑わいとか、名残りとか人のぬくもりとかが宿っている気がします。そんな中で歌えることが幸せです。」と語ると、続けて10月に他界した作曲家・筒美京平と今年作詞活動50周年を迎える作詞家・松本隆のゴールデンコンビによる「お帰りなさい」、中島みゆきから提供を受けた「十年」、久石譲作曲の「人生のメリーゴーランド」と、大物アーティストから提供された自身のオリジナル曲を歌い上げた。

その後、この日二組目のゲスト、ジャズピアニストの桑原あいが登場。フランスを代表するシャンソン歌手・バルバラの代表曲である「孤独」と「黒い鷲」を披露し、第一部は幕を閉じた。

第二部は再びベイビー・ブーとともに、ミュージカル俳優・井上芳雄とのデュエットシングルとして発売した「きずな」でスタートすると、中島みゆきのカバー「世情」、初の紅白歌合戦で歌唱した「INORI~祈り~」、“聴くものすべてが涙する歌”と反響を呼んだ「わが麗しき恋物語」などを熱唱。

コンサート終盤では、客席からピアニスト・村松崇継を呼び込み、昨年の紅白で話題となった村松作曲の竹内まりや「いのちの歌」を村松のピアノ伴奏のみでじっくりと聴かせ、観客を魅了した。
クミコ
クミコ

アンコールではクレイジーケンバンドの横山剣作曲による「フローズンダイキリ」をバンドとゲスト全員で披露すると、ある夫婦の感動の物語を綴った実話から誕生した「妻が願った最期の『七日間』」、そして自身が最初に歌詞をつけたシャンソンの名曲「愛しかないとき」でコンサートを締めくくった。

12月には、今年6月にデュエットシングル「小さな手/きずな」をリリースしたミュージカル俳優・井上芳雄とともに、東京・大阪・福岡でディナーショーの開催が予定されている。
クミコ
クミコ

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ