コーディネートに悩まずとも「手抜きに見えない」シンプルスタイル8選

GISELe

「やりすぎず、やらなすぎず」が、今っぽさをつくるバランス。そのさじ加減に優れたスタイリングを過去の号から抜粋。今すぐ応用できる「ちょうどいい」の理由をあらためて解説。
※掲載している写真はすべてGISELeのバックナンバーのものです。

すべてのスタイリングを画像一覧でチェック

SIMPLICITY
「適当感」がちょうどいい
肩の力を抜いても、手は抜かないシンプル。サイズ選び、色合いやシルエットの調整で、計算されたエフォートレスへ導く。

A.「縦長どうしをレイヤード」
>> LEAN + LEAN

落ち感のあるものどうしをあえて組み合わせることで、縦をさらに強調。ほどよいリラックス感を維持しつつ、手抜きにも見せない。

B.「結果すべてがラクな白」
>> + EASY WHITE

ためらいなく着られるアイテムをすべて白でそろえ、クリーンな抜け感をつくる。派手柄をとり入れてもさまになるバランスが完成。

C.「ゆるさに加えるやんちゃ顔」
>> + BIG MUFFLER

ビッグなマフラーを無造作にひと巻き。ゆるいセーター+ロングスカートが穏やかなまま終わらないイノセントなかわいさの誕生。

D.「細身ボトムとゆとりスエット」
>> LOOSE + SKINNY

リラクシーなスエットを着るなら色みがキレイなものをチョイス。端正なボトムで引き締めて、さりげなくレディをにおわせる。

E.「王道のワンツーに頼ってみても」
>> STAPLE + STAPLE

黒いトップスに直球のブルーデニム。定番の安心感に身をゆだねつつ、トラッドなシューズやタックインで変化をつけ無難さを回避。

F.「互い違いのシャツとスカート」
>> LONG + LONGER

ワンピース風のロングシャツの下に、さらに丈長のスカートを仕込む。レングスの差異で遊びつつ、間のびしない縦長をメイク。

G.「似た面影の色とサイズと」
>> SIZING + COLOR

ダッドなニットとそろいのサイジングでボトムをセレクト。知的な暗色で上下のトーンを合わせれば、やぼったさが抑制される。

H.「格調高めるワントーン」
>> BROWN + BROWN

セーターに細身パンツのワンツーを深みのあるブラウンで統一。ローファー+白ソックスをあしらえば、プレッピー風のかわいさに。

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ