セブンイレブン、新作サンドイッチでまさかの「ハリボテ」 味は激ウマなのに…

しらべぇ




コンビニチェーンのセブン-イレブン(以下、セブン)は11月25日から、サンドイッチの『いちご入りフルーツミックスサンド』(税込365円)を首都圏で販売開始。

セブンといえば、具材たっぷりに見える断面図とは裏腹に後方部分に具がない…という「ハリボテ騒動」が話題に。過去に配信した「ハリボテサンドイッチ選手権」でフルーツミックスは2位だったが、はたして今回の新作は…。

画像をもっと見る

■ほどよい酸味と甘味でウマい




入っているのは、いちご、パイン、キウイの3種類で、ホイップクリームとカスタードクリームが使われている。カロリーは233kcal。



断面図はこのような感じで、文句のつけようがないほど美しい断面図だ。フルーツは新鮮で甘酸っぱく、ホイップクリームも甘すぎない味でフルーツとケンカしておらず、かなりバランスが取れた味だった。

記者は食べていてボリュームが少ないと感じることはなかったのだが、肝心の中身は…

関連記事:セブンイレブンの新作サンドイッチ 具材は「ハリボテ」なのか検証したら…

■漂うハリボテ感




ん? これは…かなりスペースが空いているのではないか?

断面図の箇所にはフルーツが敷き詰められているものの、後方部分は、パインとカスタードクリームがぽつんとあるだけだ。食べていて不満は感じなかったが、中身を見てしまうと「もう少しフルーツを入れてもいいのでは…」と思ってしまう。

もう片方のサンドイッチも割って確かめていこう。

■中を開けて…びっくり




ん? むしろこちらのほうがスカスカなのではないか!?

トーストサンドの場合は「片方はぎっしり、もう片方はハリボテ」ということが判明していたが、今回のフルーツサンドはどちらも量は少ないことになる。



空いたスペース部分をわかりやすく写真加工するとこのような感じに。半分以上はフルーツとクリームで埋まっているものの、30~40%ほどは何もない。断面図の部分は防波堤のように敷き詰められているため、「ハリボテ感」は否めないだろう。

■満足感を得られる必要最低限の量だった?




とはいえ、フルーツはある程度の高さもあるので、面積だけで語るのはナンセンス。記者が食べていて満足感を得られたように、もしかするとこのボリュームが「消費者が満足感を得られる必要最低限の量」ということだろうか。

サンドイッチのクオリティに定評があるセブンだけに、長年培ってきた技術力なのかもしれない。ただ、ガチのフルーツサンド好きユーザーからは「残念」の声があがりそうだ。

■海老サンドも検証




ちなみに、11月25日から『こだわり海老カツのサンド』(税込399円)も北海道、福島県、関東、新潟県、北陸、東海、近畿、島根県、広島県、山口県、九州で販売されている。こちらの商品はこれまでも販売されており、ある意味で定番の人気サンドイッチだ。



分厚いカツの中にはぷりっぷりのエビが入っており、タルタルソースの味付けが最高だ。

さて、肝心の中身だが、手に持った段階で、サンドイッチ端に若干の隙間を確認できるため不安はあるが…

■ボリューム感がスゴい!




これは…かなりぎっしり! サイドに隙間がある分、後方部分までカツが入っており、ハリボテ感は微塵も感じられない。開けて嬉しいサンドイッチといえるだろう。

ちなみに、もう片方のサンドイッチも同様にぎっしり詰まっていた。

■「ハリボテ=マズイ」ではない




今回の検証では、フルーツサンドのハリボテ感が判明したが、中身のボリュームと味や満足感は必ずしも一致しないということは念押ししたい。ハリボテ感のあるフルーツサンドはかなりおいしかった。

・合わせて読みたい→セブンイレブン「ハリボテサンドイッチ」選手権 もっとも底上げ感があったのは…

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ